SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

新型,フォルクスワーゲン,パサート,オールトラック,クロスオーバー

VWパサートオールトラックが日本発売!性能・グレード価格情報まとめ

更新日:

スポンサーリンク

 

2018年10月31日についに日本での発売が開始されたVWパサートオールトラックについてまとめてみた。
ゴルフオールトラックと同じように、パサートヴァリアントをアウトドア向けにオフロード色を付け加えたモデルがVWパサートオールトラックになる。

大人もゆったり乗れる大型クロスオーバーワゴンが新しく2代目として発売されることで、スバルアウトバック・ボルボXC70だけが独占していた大型クロスオーバーワゴンカテゴリーに強力なライバルが出現というわけだ。
特徴的なのはボディサイズだけではなく、質感もパサート譲りのしっとり落ち着いた内装になる。

大人が快適に乗れる、至福の時間を与えてくれそうなVWパサートオールトラックの魅力を1つずつチェックしてみよう!

パサートオールトラックのデザイン

新型VW パサートオールトラック

堂々としたロングボディにパサートヴァリアントよりも車高がアップされ最低地上高が160mmになり、さらにクロームラインが魅力的な光を放っている。
まさしく大人が乗るクロスオーバーワゴンと言っていいだろう。

マットなクロームが施されたフロントフェンダー、エキゾーストパイプフィニッシャーもクローム仕上げにされており、リアから見ても美しい、抜かりが無いデザインになっている。

標準装備の17inchホイールはスタイリッシュで存在感があり、しっかりと足元を引き締めてくれ、とても印象的な仕上がりになっている。
純正ホイールがかっこいいと魅力もさらにアップするのは言うまでも無いだろう。

スポンサーリンク

ボディサイズ

新型,フォルクスワーゲン,パサート,オールトラック,クロスオーバー

  • 全長/4780mm
  • 全幅/1855mm
  • 全高/1535mm
  • 最低地上高/160mm
  • ホイールベース/2790mm

パサートオールトラック 日本導入モデル エンジン

  • エンジン/直列4気筒DOHC2.0Lクリーンディーゼルエンジン
  • 最高出力/190ps
  • 最大トルク/400Nm
  • 燃費/17.3km/L

 

エンジン・ミッション・燃費スペック(ドイツスペック)

  • 2.0L TSIブルーモーションガソリンエンジン…220hp、7速DSGデュアルクラッチトランスミッション、燃費14.4km/L
  • 2.0L TDIブルーモーションディーゼルエンジン…150hp、6速、燃費20.4km/L
  • 2.0L TDIブルーモーションディーゼルエンジン…190hp、DSGデュアルクラッチトランスミッション、燃費19.6km/L
  • 2.0L TDIブルーモーションディーゼルエンジン…240hp、DSGデュアルクラッチトランスミッション、燃費17.5km/L

 

オフロード仕様

冒頭にも伝えているが、VWパサートオールトラックはパサートヴァリアントよりも車高が27.5mm上げられて174mmになるもようだ。
フロントの下部にはアンダーガードが装着されてアウトドアでも安心して運転できるスタイルになっている。

さらに下部にあるクロームラインと相まって、よりファッショナブルな印象だ。

スバルのアウトバックも魅力的な車だが、どうしても質感的にはVWパサートオールトラックのほうが上に感じてしまう。
走りの方は通常はFFで、滑りやすい路面になると4WDの4MOTIONに切り替わるシステムだ。

この他にもヒル・アシストコントロール、ヒルディセントコントロールが備えられているのもうれしいポイントだろう。
こんな洗練されたクロスオーバーワゴンながらもオフロードでの走りをしっかりと想定してある。

 

内装や装備内容

新型,フォルクスワーゲン,パサート,オールトラック,クロスオーバー

VWパサートオールトラックのライト類はLED化され、夜間でもより見やすいように配慮がされている。
4台のカメラによるバードビュー(360度見える)を採用することにより、車の周囲の状況をいち早く知ることができるようになっている。

車の周囲の情報は5インチのモニターで確認することができ、他にもナビ・SDカードの読み込み・Bluetoothも使えるようになっている。

新型,フォルクスワーゲン,パサート,オールトラック,クロスオーバー 新型,フォルクスワーゲン,パサート,オールトラック,クロスオーバー

特に声でコントロールできるインフォメイトシステムは先進的で素晴らしい。
運転集にわざわざ手を使わなくてもいいのだから便利すぎる装備だ。インテリアの面では、シートはメモリー機能付きなので、乗る人に合わせて調整できる。

背中の疲れを軽減する人間工学に基づいたシートの形状や堅さも見逃せないポイントになるだろう。
長距離を走る時にはつくづくシートの出来がいいと助かる。

運転アシストとしてヘッドアップディスプレイがあり、ナビゲーションと連動して、交通情報なども伝えてくれるのは非常にありがたい!

 

パサート オールトラックの発売価格

新型,フォルクスワーゲン,パサート,オールトラック,クロスオーバー

日本に導入するパサートオールトラックはクリーンディーゼルエンジンモデルのみになる。

欧州ではガソリンモデルもあるがティグアンと同じく最新の排ガス後処理システムを採用し、環境問題にも対応済み。

  • 4MOTION/509万9000円
  • 4MOTION ADVANCE/569万9000円

 

特徴的な装備(海外仕様)

新型,フォルクスワーゲン,パサート,オールトラック,クロスオーバー

  • タイヤの空気圧監視システム
  • LEDヘッドライト
  • 車線変更サイドアシストプラス
  • レーンアシスト
  • サウンド・システム10+1スピーカー
  • アンビエント照明
  • アイドリングストップ機能

追記2017.2.20 ドイツでの販売価格

  • 2.0L TSIブルーモーションガソリンエンジン…約523万円
  • 2.0L TDIブルーモーションディーゼルエンジン…約475万円
  • 2.0L TDIブルーモーションディーゼルエンジン…約531万円
  • 2.0L TDIブルーモーションディーゼルエンジン…約576万円

画像出典 メディア・プレス http://www.caricos.com/cars/vw.html

新型VWパサートオールトラックのまとめ

新型,フォルクスワーゲン,パサート,オールトラック,クロスオーバー

SUVだけでなく、クロスオーバーワゴンはスバルアウトバックの人気もあり、これからさらに新車が発売されていくジャンルになるだろう。

クロスオーバーワゴンといえばボルボとスバルだけのようなイメージがあったがここにVWパサートオールトラックとVWゴルフオールトラックがあることで購入時の値引き商談にも使えるモデルがまたひとつ増えることになるわけだ。

荷物もたくさん積めて、乗員もゆったり乗れて、先進装備もついて、約510万円からの価格で高級クロスオーバーワゴンに乗れるのであればお値打ちな外車と言えるだろう。

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-VW
-クロスオーバー, ステーションワゴン, ワゴン, 新型

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.