SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

東京モーターショー2017,中央ゲート

東京モーターショー2017出展の注目SUV特集!新世代モデル続々登場!

更新日:

スポンサーリンク

 

東京モーターショー2017に行ってきたので、当サイトで注目のSUVをご紹介したい!!
今回はEV系の車の出展が多く、次世代のコンセプトカーがいろいろと見れたのでとても興味深かった。

そして市販モデルだけでなく、街のネットワークにも欠かせない商用車や小型モビリティの出展もあり、はっきり行って1回観に行くだけでは、充分に堪能することはできないだろう。

ということで、SUVメインの当サイトということで、出展されていた四駆やクロスオーバーをメインにいっしょに見ていこう!!

東京モーターショー2017 メインはEVやハイブリッド!

今回の東京モーターショー2017で目立ったのは、EVや燃料電池、新しいハイブリッド車などの次世代の車の出展だ。

各メーカーブースの演出もエキゾチックな演出から、エコのコンセプトを全面に押し出したものなど様々だった。
特にトヨタでは都市型モビリティや燃料電池バスのコンセプトカーなど、社会のコミュニティーにこれから大きく関わっていくであろう新技術が出展されていた。

全体的にみるとSUVの出展数が少なかったのが残念だが、いろいろと刺激のある普通車や二輪車・スノーモービル・小型モビリティ・商用車・トラック・新技術搭載の車用品などもあり、本当に良い刺激になったと思う。

スポンサーリンク

トヨタブース

東京モーターショー2017,トヨタ,YJクルーザー,コンセプト

トヨタブースで異彩を放っていたのが、ファニーフェイスな「TJクルーザー」だ!!
カクカクボディに丸目というこの愛くるしいキャラクターはかなりインパクトがあった。

2Lクラスのエンジンにハイブリッドシステムが搭載された新商用バンのクロスオーバーコンセプトになる。
SUVというよりは三菱デリカに近いような感じがある。

内装もフラットな床面がゆとりがあってスッキリしている。
なにより、がっつりと使い倒せる道具感が全面に出ているのが良い!

将来はハイエースのかわりにTJクルーザーのようなハイブリッドクロスオーバーが商用バンのメイン車両になるだろうか。

東京モーターショー2017,トヨタ,YJクルーザー,コンセプト 東京モーターショー2017,トヨタ,YJクルーザー,コンセプト 東京モーターショー2017,トヨタ,YJクルーザー,コンセプト 東京モーターショー2017,トヨタ,YJクルーザー,コンセプト

 

三菱ブース

東京モーターショー2017,三菱,E-EVOLUTION,コンセプト

三菱で人だかりが出来ていたのが世界初出展となる「三菱 e-EVOLUTION」だ!
EVと三菱の四駆技術、そしてAI(人工知能)が融合した新世代SUVがe-EVOLUTIONになる。

どこかパジェロエボリューションを未来形にしたような雰囲気もあり、攻めたデザインだった。

今までのSUVと一線を画したクロスオーバーコンセプトで、人工知能を搭載することで運転手の技量や路面状況に影響されることなく快適にドライブをすることができるようになっている。

EV(電気自動車)なので、もちろん駆動はモーター式なのだが、このe-EVOLUTIONのリアには新しく開発されたデュアルモーターAYCが搭載されている。

モーターがトリプルになることで機動力にはかなり期待が持てる。
最近はパッとしない三菱だけにこの技術には注目したい!!

東京モーターショー2017,三菱,エクリプス,クロス,新型

 

ダイハツブース

ダイハツ,DN TREC,コンセプトカー,クロスオーバー

ダイハツで出展されていて個人的に非常に気に入ったのが「DN TREC」だ。
今ではダイハツのラインナップからSUVが消えているので、このDN TRECは市販されたら人気が出るのではないだろうか!

というのも全長3980mmという約4mジャストのボディで高いクリアランスを保持している。
おまけに1200ccのエンジンにハイブリッドを搭載するモデルの他、1000ccターボを積むことが可能だ。

日常の足として取り回しやすい大きさで、経済性と趣味で遊べるレジャービークルとしての魅力も兼ね備えている。
「毎日の生活のなかでちょうどいいサイズのクロスオーバー」と言える。

ぜひ発売してほしい一台だっ!!!

 

スズキブース

東京モーターショー2017,スズキ,サバイバー,コンセプト

スズキで大注目と言えば、ジムニーの新型だが今回の東京モーターショー2017では出展がされなかった。

国産車のなかでもロングセラーモデルで世界で愛されるコンパクトクロカンだけに、新型のコンセプトカーをぜひ見たかった。

ジムニーのかわりに、丸めと縦型スリットグリルを受け継いでいるコンセプトカー「E-SURVIVOR(イー・サバイバー)」が世界初出展になった。

こちらのイー・サバイバーは2030年の未来を想定して設計されたコンパクトSUVになる。
毎日の生活では自動運転になり、オフロードで楽しむときにはドライバー自らが運転するという仕組みになっている。

フロントに2モーター、リアに2モーターの合計4つ(クアドラブル)のモーターで各タイヤを独立でコントロールしてくれる。
このモーター制御によりこれまでにない機動力を実現するという。

見た目はかなりキワモノだが、四駆システムとしては早く市販にまでこぎつけてほしい技術だ!

 

プジョーブース

東京モーターショー2017,プジョー,5008

プジョーでは新型車の出展がメインになっていた。
3008の3列シート7人乗りモデル「5008」が非常にかっこよかった!!

後部座席の余裕が増して、これは快適に使えるファミリーカーだ。
走行システムやデザインなどは3008と同様で、ボディサイズが全長190mmとホイールベースが165mm延長されている。

1.6Lのガソリンと2.0Lのディーゼルエンジンをラインナップしている。

東京モーターショー2017,プジョー,5008 東京モーターショー2017,プジョー,5008 東京モーターショー2017,プジョー,5008

 

アウディブース

東京モーターショー2017,アウディ,SQ5

アウディブースはかなりゴージャスな演出が印象的だった。
特に当サイトでも注目しているQ8やクーペSUVデザインElaine(エレーヌ)がとても美しかった。

Q7並のボディサイズでマイルドハイブリッドを搭載しているのが日本初出展「AUDI Q8 SPORT Concept」になる。
3.0Lエンジンを搭載し、479ps・700Nmのパワーを発揮する。

東京モーターショー2017,アウディ,Q8,Sport Concept

東京モーターショー2017,アウディ,Q8,Sport Concept 東京モーターショー2017,アウディ,Q8,Sport Concept 東京モーターショー2017,アウディ,Q8,Sport Concept

一方、レベル4(高速道路や特別な環境での運転以外のステアリング操作や加速・減速のコントロールを全て自動で行う)の自動運転まで可能とし、完全EVのクーペSUVが「Elaine(エレーヌ)」だ。

東京モーターショー2017,アウディ,エレーヌ,コンセプト

ポルシェのようなキレイなリアデザインは本当に魅入ってしまうほどのフォルムだった。
2モーターで駆動し、130km/hまで自動運転で走ることを目標としているSUVだ。

東京モーターショー2017,アウディ,エレーヌ,コンセプト 東京モーターショー2017,アウディ,エレーヌ,コンセプト 東京モーターショー2017,アウディ,エレーヌ,コンセプト

 

メルセデスベンツブース

東京モーターショー2017,メルセデス,ベンツ,新型,GLC,F-CELL,コンセプト

メルセデスベンツでは、個人的に特に注目しているのがGLCの燃料電池モデル「GLC F-CELL」だ。
日本初出展となり、走行モードを燃料電池で走る「ハイブリッド&チャージモード」と100%電気で走る「バッテリーモード」から選ぶことができる。

フロント周りのデザインがゴツくなり、無骨さが出ていてかっこよかった!!
このコンセプトカーの段階でかなり完成度が高かったのでこのまま市販をすぐ始めてほしいほどだ。

東京モーターショー2017,メルセデス,ベンツ,新型,GLC,F-CELL,コンセプト 東京モーターショー2017,メルセデス,ベンツ,新型,GLC,F-CELL,コンセプト 東京モーターショー2017,メルセデス,ベンツ,新型,GLC,F-CELL,コンセプト 東京モーターショー2017,メルセデス,ベンツ,新型,GLC,F-CELL,コンセプト

他にもオールレッドに塗装された特別仕様の「Gクラス」やGLAなども展示されていた。
そしてベンツ初のクロスオーバーワゴンのEクラスオールテレーンもあったが、中に乗ることが出来ずに残念だったな〜。

他にもGLCクーペAMG仕様もあり、迫力あるオーラをかもし出していた!

東京モーターショー2017,新型,Eクラス,オールテレーン 東京モーターショー2017,新型,Eクラス,オールテレーン 東京モーターショー2017,新型,Eクラス,オールテレーン 東京モーターショー2017,メルセデス,ベンツ,GLA 東京モーターショー2017,メルセデス,ベンツ,GLC,クーペ,AMG 東京モーターショー2017,メルセデス,ベンツ,GLC,クーペ,AMG

 

BMWブース

東京モーターショー2017,BMW,X3,新型 東京モーターショー2017,BMW,X3,新型

BMWブースでは、2017年10月に発売が開始されたばかりの新型X3が出展されていた。
デザインがかなりブラッシュアップされ、こちらもかなり人気になるだろう。

GLCに遅れをとらまいと、安全装備や運転支援システムが搭載されている。

 

期待の新型車は出展なし!

SUVだけでなく、セダンやクーペ、商用車などとてもクルマ好きにはいい目の保養になった。
ただやはり日本車と欧州車が中心だったので、できればアメ車メーカーのシボレーやジープも新モデルを出展してほしかった。

特に次期新型ラングラーは噂ではCM制作も始まっているようなので、コンセプトカーを実際に見たかった。
アメ車勢はロスアンジェルスモーターショーで発表をメインにしているので東京モーターショーはスルーということだろう。

 

東京モーターショー2017 まとめ

今回の東京モーターショー2017では、ドイツ車メーカーと国産メーカーがほぼメインだった。
英国車やイタリア車がもっと多く出展されていれば、より個人的には熱くなれるモーターショーだっただろう。

それに期待の新型ジムニーやスバル新型フォレスターも出展が見送られたのも少し残念だった。

今回のモーターショーで印象的だったのは、やはり時代がエンジンからEVへの転換期がすぐそこまで来ているということだ。
電気とAIで車をコントロールし、渋滞緩和や安全運転、自動運転を実現していくことで車社会が新世代へと移行していく、そんなイメージを垣間見えた。

そんなことを考えると、次の自分の車を買うならハイブリッドかEVがいいかなと真剣に思ってしまう。

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-モーターショー
-4WD, EV, PHV, SUV, クロスオーバー, ハイブリッド, 国産車, 新型, 電気自動車

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.