SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

ジープ レネゲード リミテッド 初代

【JEEPレネゲードの評価情報】サイズ感や内装の質感・実燃費は?

投稿日:

スポンサーリンク

 

今回はジープで人気のレネゲード(初代2015年発売モデル)についての評価をご紹介!
ジープのラインナップでコンパクトなボディサイズとインパクト満載のファニーフェイスが特徴的な外車SUVだ。

可愛らしい顔つきに力強い雰囲気も兼ね備えたモデルで発売と同時に人気が集まり、街中でもちらほら見かけるようになってきた。
そこで内装の質感や実燃費などの情報もふまえてみていこう!

JEEPレネゲード2015年モデルの不満なポイント

ではまずレネゲードの不満と思えるポイントからご紹介しよう。

コンパクトにギュッとジープの魅力を詰め込んだパッケージングになっているが、やはり小型のボディサイズだけに後部座席の足元、特に膝前のスペースには余裕が感じられない。

シートの座面は小ぶりではないので、しっかりと体を支えてくれる。

そして内装の小物類の収納箇所が少ないのが実用面での困るポイント。

フロントにはドリンクホルダーや小物を入れるポケットがあるが、後部座席ではそういったポケットが無いのがツライ。

あとはジープ以外でも左ハンドルの外車4WDの運転席恒例の不満ポイントである左足の横のスペースが狭いところはもうおなじみと言えるほど運転するときに気になるところ

他にも購入したオーナーさんの声をご紹介しよう。

  • トレイルホークには自動ブレーキが付いていない。(リミテッドには装備されている)
  • 国産の同じコンパクトクラスのSUVと比較すると100万円ほど高い買い物になる。
  • 1.4Lモデルはハイオク仕様だけど、2.4Lモデルはレギュラー。どうせなら1.4Lもレギュラーにしてほしかったな。
  • 1.4リッターモデルでも4WD設定があればさらによかった。
  • 小柄なボディだけに荷室の奥行きはやっぱり狭い
  • 純正ナビと言いながら、後付感が満載なのでもう少しデザイン面で工夫してほしいね。
  • 車検証が入るちょうどよい収納ポケットがないのが地味に困る。
  • 左の後ろ側の視界が悪くて見にくいのが気になる。
  • 純正のライトはハロゲンなので注意するべし。LEDに変更することをおすすめ!

スポンサーリンク

JEEPレネゲード2015年モデルの良い評価

ジープ レネゲード リミテッド 内装

次にレネゲードの満足するポイントや良い評価をご紹介。

やはり何と言っても、一番の魅力はジープらしい無骨な雰囲気ながらかわいい見た目のファニーフェイスだろう。

ジープ特有の7スリットグリルに丸めという可愛らしい顔つきに、角ばったボディフォルムはとてつもなくインパクトがある

国産SUVだとジムニーがその良い例だろう。

街中で走っていたらレア感が満載でとても目につく存在だ。

ブレーキランプのデザインも遊び心あふれる見た目で、所有する満足度はかなり高い

それにコンパクトでもジープの血統をしっかりと受け継いでいるモデルにはまちがいない。

多くのオーナーさんが気に入っているジープレネゲードの満足ポイントをご紹介しよう。

  • 外観だけでなくインテリアにも多角形のドリンクホルダー・エアコンの吹き出し口・スピーカー部分などで演出されているのがジープらしい。さすがイタリアで作っているアメ車という面白いエピソードを持つ車だ。
  • 価格の割には安全装備や質感など充実しているのが気に入っているところ。
  • 小さいジープなのに軽快というよりはどっしりと安定した走りがイイ!ハンドル操作も低速では軽く、速度が早くなるにつれて重くなっていくので安定感があるね!
  • 乗り心地は固めなのが意外でしたが、しっかりとしたボディに守られながら走る安心感がある。
  • はじめての外車にしてアメ車だったけど、レネゲードにして正解!しかもトレイルホークなので非常に加速もスムーズで、未舗装の道も安心して走れる。
  • ここまでキャラクターの濃い車なので、流行りに左右されないデザイン性がとにかく気にいって購入しました。
  • 長距離でも疲れが少ないシートとシートポジションで出かけるのが本当に楽しみになった。おかげで家にアウトドアグッズがどんどん増えていっちゃってます。
  • 日本の道路事情にあったサイズと雪国では心強い4WD性能。しかもモードが選べるうえにジープとくれば安心感抜群!
  • コスパの良さは外車メーカーの中ではトップクラスの出来栄えと言えるでしょう!
  • 価格の割にはモダンで高級な質感になっているインテインで落ち着いてドライブをするのが週末の楽しみっ!
  • ジープのなかでもお得なモデルだが、走行中の風切り音・エンジン音・ロードノイズなどの発生が少なくストレスがなく運転できています。(リミテッド)
  • 全長4.2mのボディは運転しやすく、おまけにコンパクトクラスのなかでこのクオリティーと装備はバーゲンプライスと言えるでしょう!

 

故障情報

  • 何も異常がないのにセキュリティー関連の警告灯が付いていた。ディーラーでの部品交換後にはなくなりました。
  • エアコン温度表示の不良
  • シートベルトのストッパーから異音がする。
  • ドアの自動ロックがうまく機能しないことがあった。設定にて一度オフ状態にしたあとにオンにすることで解消した。

 

レネゲードの内装・質感

ジープ レネゲード リミテッド 内装

ジープのエントリーモデルでもしっかりと格上のコンパスとそこまで質感が落ちていないのが良いポイント。

小ぶりで太いハンドルは握りやすく、運転しやすい感じだ。

おまけにイタリア製ということもありデザインセンスは抜群に良い

自分が乗っていたパトリオットやラングラーに比べるとかなりモダンで先進的な見た目になっていることに驚いた。

ダイヤルなどの操作性も悪くはないがディスプレイの大きさがもう少し広いと見やすくていいかなと感じた。

シートの座り心地は高めで長距離でもしっかりとサポートしてくれてドライブをすることができる仕上がりになっている。

 

レネゲードのサイズ感

長さ4255mmに幅が1805mmのサイズなので、日本でも取り回しに困ることはない大きさ

幅は1805mmあるがそのおかげで全長が短いわりには広い室内を実現しているポイントになっている。

高さ的には立体駐車場に入るサイズではないが、その高い車高があるからこそジープらしい見た目に貢献している。

そして、ボクシーなスタイリングは見切りの良さも兼ね備えているのも素晴らしい。

 

トランクルームの広さ

キャンプに行くときに家族四人分の荷物とアウトドアグッズを乗せるのは少し厳しい積載能力。

ルーフラックを活用して荷物を積み込めばそれなりには行けそうな感じ。

奥行きがないので、高さを利用して荷物を積み込む工夫が必要になるトランクルームになっている。

 

レネゲード初代(2015年モデル)の実燃費

  • 街乗り/8〜10km/L
  • 高速道路/12〜17km/L

1.4Lモデルはハイオク仕様になり燃費もそこそこ、トレイルホークはレギュラー仕様になるがやはり排気量的に街乗りでエアコンなどをガンガンにつけて走ると最悪7km/L前後になることがある。

燃費に関してはあまり気にせず、乗りたいから乗るというクルマだ。

 

レネゲード 2015年モデル スペック

  • 全長/4255mm・4260mm(トレイルホーク)
  • 全幅/1805mm
  • 全高/1695mm・1725mm(トレイルホーク)
  • エンジン/
    直列4気筒1.4Lターボ(最高出力140ps・最大トルク230Nm)燃費/14.6〜15.5km/L(ハイオク)
    直列4気筒2.4Lエンジン(最高出力175ps・最大トルク230Nm)燃費/10.4km/L(レギュラー)

 

JEEP レネゲード 総評

ジープ レネゲード リミテッド 初代

ジープレネゲードの不満・満足ポイントをご紹介したが、購入したオーナーのほとんどが何よりも見た目が一番気に入っていると言っている。

ここまでキャラクターのしっかりした車も珍しく、ジムニー・ビートル・フィアット500・Gクラス・BMWミニなどと同じく時代に流されないデザインセンスがある。

流行に流されないので、長くドライブの相棒として活躍してくれる外車SUVになってくれることはまちがいないだろう。

未使用車・中古車の在庫検索はこちらから

車を買う時に賢く安く購入する方法

車を購入するときに「下取り」に出す人がほとんどだろうが実はかなり損している。
各ディーラーの値引き価格は相場が決まっていると思われがちだが実は例外がある。

それが、下取りがある場合...

ディーラーはあなたの車の下取り価格を安くして、値引き価格を大きくし、損失分を相殺するというテクニックを使っている。

だからこそ、車の下取りは必ず一括査定サイトを使うことが重要になる!

実際に私もディーラーでは120万円の下取り価格が、一括査定の買取業者では165万円で売ることができた経験がある。

一括査定サイトを使うことで、ガリバーなどの大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競いあってくれるので、わざわざ実店舗に出向くこと無く、結果的に値段が吊り上るという仕組みだ。

もし「予算オーバー…」 「欲しい車を値引きで安く買いたい…」 「一店一店を回るのは面倒…」 「営業マンの売り込みがイヤ…」などと悩んでいるなら、一括査定に出すことで解決できるかもしれない。

いくら頑張っても増えない値引き交渉をするよりも車の下取り価格を一括査定で上げるほうがよっぽど簡単。

 

レクサスUXが2018年冬発売!新型コンパクトSUVは街乗りにおすすめ!

トヨタRAV4次期新型が2019年の春発売!タフで力強いデザインで復活!

新型三菱RVR発売は2020年!モデルチェンジでジュークと兄弟車のSUVに!

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-JEEP
-4WD, SUV, おしゃれ, おすすめ, かっこいい, かわいい, アウトドア, オフロード, コンパクトSUV, コンパクトカー, 人気, 四駆, 小型車

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.