SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

車 マイカーシェア

愛着が湧いて車を処分できないあなた向けの小遣い稼ぎ!マイカーシェア

更新日:

スポンサーリンク

 

「平日はほとんど乗らず、休日も買い物に行くのに使うぐらいであまり使わない。」
「手放すのももったいないし、あるほうが便利だからとりあえず処分せずに置いている。」

こんな人も多いのではないだろうか?
特に子育てがひと段落して家族を乗せて走ることがなくなった場合、こんな状態になりがち。

そんなあなた向けの処分できない車の維持費を稼ぐのにもってこいな方法がある!

というのもなぜこんな記事を書いているのかというと、我が家もメインが妻の車になり自分の車があまり使われていないので「カーシェアリング」について調べてみた。
なので、ついでにシェアしようと思ったからだ。

どっちが大事?維持費優先?家計を優先?なかなか処分できない車で稼ぐ方法

乗らないのに毎月の維持費がかかるのことを考えると、少しでも車に値段がつくうちに手放したほうがいいに決まっている。
でもなかなかそうはいかないのが人間。
あると便利だからいざというときのために取っておきたい精神が働いてしまう。

家族と共に過ごしてきた相棒を手放すのは忍びないという人もいることだろう。
しかし、今の時代は一家に一台持つ時代ではなくなってきている。

家計のためを思うのならば、処分するのが確かに賢い選択だろう。

実は維持費ばかりかかり有効活用できないと思っていたマイカーが、ビジネスチャンスにつながるということをご存知だろうか。
一家に一台持つ時代ではなくなったからこそ、所有しているということはそれだけで家を所有している人と同様、オーナーとして稼ぐチャンスがあるわけだ!

スポンサーリンク

車は所有するだけでなく、シェアできる時代に!おまけに維持費も稼げる?

カーシェアリングというサービスは、企業が車を貸し出すサービスだけではない。
個人でもマイカーを貸し出すことで稼ぐことのできるサービスが存在する。

これは民泊の「airbnb」と似た感じと思ってもらえたら分かりやすいだろう。

オーナーである所有者は、自分が使わない時に貸し出すことであまり手間暇をかけず資産で稼ぐことができるというサービス。
しかも貸し出す価格も自分で自由に決められるシステムだ。

レンタカーより低い料金に設定することで、個人の片手間営業でも顧客を集めることは可能だ。
スポーツカーなど高級なタイプの貸し出しともなると、もっと高く設定しても乗ってみたいという人はいるのではないだろうか?

個人間のやり取りになるのでそこは多少手間がかかる気がするが、貸すという意思表示をサイトでしておけば、それを見た人が申し込んでくれるのでオーナーは待つだけになる。

マッチングが成立するまで待ち、約束の日時に貸し出せばそれで完了。
営業なんてかかる必要はゼロなので、かなり楽!

仲介サービス会社は取引成立時に価格の数%、オーナーから手数料として受け取ることになる。

大きく儲けるというよりも、副業に向いているサービスになる。
なので持っているマイカーを提供するだけで、維持費用回収できるのがメリットだと思った。

本業を他に持っていたとしてもこれなら簡単に稼げるのもイイ点だ。
利用してくれる人をオーナーは待つだけなので、何か特別に技術を身に付けたり設備を購入する必要はないにも嬉しい!

 

マイカーシェア メリット・デメリット

カーシェアリングでは、必ず一定の収入が入るというワケでは無いということを心得ておくことが必要になる。
不動産の家賃収入のように、入居者がいれば毎月家賃が入る仕組みではなく、利用されるたびに収入が発生するという仕組みだからだ。

利用者に気持ちよく使ってもらいリピーターとなってもらうには、清掃をきちんとしておくことも大切になってくる。
貸し出す前と後、丁寧に掃除するのが嫌な人には残念ながら向かない。

さらにガソリンを満タンにしておき、各メンテナンスも利用者が多ければ多いほど頻繁にする必要も出てくるので、そういうのが面倒という人は難しいかもしれないだろう。

他人にあまりハンドルを触れられたくないという人もいるかと思うが、その場合も貸し出すのは当然難しくなってくる。

借り手は普段は乗らない人が多くなるので、事故が起きることは覚悟して貸さなければならないのが辛いところ。
貸し手に責任はないのが、事後処理の面倒やマイカーがダメになるというリスクはついてまわるのが一番気になる点だと感じた。

しかし、片手間に使用していないマイカーを使って稼げるというこのビジネスモデルは誰でも参入しやすい方法で、かつ需要がある。
不動産のように勉強など何もないから、副業初心者でも始めやすいというのは大いなるメリットになる。

所有者ではなくても、家族がカーシェアリングで貸し出すことができるというのもいいところ。
夫の代わりに妻が、両親の代わりに息子や娘が代わりに貸し出しのやり取りをしてもいいというワケだ。

 

あまり乗らない車や維持費が高い車をもっている家庭におすすめなサービスとは?

簡単にできるとはいっても、個人間で貸し出すのは不安だという人もいるだろう。
ちなみに自分もその中に入る。
実はこのマイカーをシェアする会社はけっこうあり、その1つにはNTTドコモが提供している会社がある。

dカーシェア」というこの会社は、専用のコールセンターがあり24時間365日サポートしてくれているのが特徴。

支払いもドコモの決済サービスで完結するのがラクだと思ったし、個人間同士でやり取りする必要はないのがイイ。
チャット機能も貸す側、借りる側だけではなくドコモを含め3者間ですることができる。

乗るたびにdポイントがたまっていくのがまた美味しいところだと感じた。
ポイント目当ての利用者を募ることができるという集客効果も得られるうえに、何よりドコモが提供しているという安心感が違うと実感できた。

大手で安心と言えば、DeNAが提供している「Anyca」も「イイかな!!」と感じた。
Anycaも24時間365日サポートしてくれ、dカーシェアと同じで保険保証は東京海上日動と連携しているのがイイ。

「別にドコモではなくてもいいよ」という人は、マイカーシェアの会社として広く知られ、全国でサービスを提供しているこのAnycaで運用してみるのもアリだろう。

ICカードの発行料が必要はないし、サービス説明会を実施しているので初めての人でも安心だからだ。
月ごとに特集が組まれ、割引料金を打ち出し集客効果を狙うということもしているのが特徴だと思った。

ということで、以上が自分も興味があり「マイカーシェア」について調べてみた情報になる。
昔はマイカーをシェアする時代が来るなんて想像もしてなかっただけに、調べてみると本当に驚くことも多かった。

もしあなたも処分できない車の維持費に困っているなら「マイカーシェア」は良い解決策になるかもしれない。

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-CarNews

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.