SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

新型次期ベンツ GLE

BENZ

ベンツSUV新型GLEクラスは軽量化とフェイスリフトで2018年発売予定

更新日:

メルセデス・ベンツのSUV「GLEクラス」の新型モデルが2018年に発売予定ということで調べてみた。
ベンツGLEクラスといえば外車SUVの中でもプレミアムな存在であり定番的な人気を兼ね備えているSUVだ。
そのGLEクラスにPHVモデルも登場することということで、次期新型タイプには軽量化になるという。

 

スポンサーリンク


 

PHVになればバッテリーやモーターを追加で搭載することとなるので、どうしても車重が重くなるためだ。

他にも新型になることでの外観の変更点はフロントグリル、ヘッドライト、リアデザインの変化がある。
オフロードもこなせるプレミアムSUV、メルセデス・ベンツ新型GLEクラス(W167)のスペック・予想価格などをまとめてみたのでご覧いただきたい。

 

GLEクラス(W167)の新型で大きく変わるポイント

新型GLEのデザインをパッとみた感じ、すぐ分かるのがヘッドライトの形状だ。
現在の少し曲線を描いたGLCのようなデザインではない。細長くシャープなデザインになるようだ。

BMWやアウディもそうだが、次の世代のモデルは、こういうシャープなヘッドライトがとても印象的だ。
フロントマスクだけでなくリアの外観も前のモデルとは大きく変わる。

新型のリアデザインは少し絞ったような感じになる。ルーフがリアに行くほど、ゆるいアーチを描いている。
全体的にシェイプアップをすることでこれが軽量化にも貢献しているのだろう。

もちろん、ボディ形状だけでなくシャシーも新しい設計になるだろう。

新型次期ベンツ GLE 新型次期ベンツ GLE 新型次期ベンツ GLE 新型次期ベンツ GLE

 

スポンサーリンク


 

軽量化する必要性

PHVにするだけでなく、新しい電装系が加わるとどうしてもボディ重量が重くなってしまう。
そうなれば燃費や走りにも影響がでてくる。

燃費をよくするためにPHVにしているのにそれでは本末転倒だ。
余分な物をシェイプアップしつつ、より走りや快適性能が洗練される新型モデル。

このバランスをうまく実現できるのがデザイン・機能性までにこだわるベンツの腕の見せ所とも言える。

 

新型GLEクラスのスペックはどうなる?

W167モデルに搭載されると思われるエンジン

予想エンジンスペック

  • V6 3.5リッターエンジン/最高出力302ps
  • V6 3リッターターボチャージャーエンジン/最高出力329ps
  • PHVモデル/E300の2リッター4気筒ガソリンエンジンと電気モーターのセット 最高出力は不明

トランスミッション/9速オートマチック

 

次期GLEクラスの価格はどうなる?

アメリカでのエントリーモデルの予想価格は51,000ドル〜と言われています。
現行型のエントリーモデルの価格が52,000ドルなので少し低めに見らています。

となると日本で発売されているGLEの350dは868万円なので低めになるとしたら約850万円からの価格で発売?他の海外での予想価格を日本円にすると約900万円という話も上がっている。

 

新型モデルのまとめ

ベンツのなかでもGクラスの次に長い歴史をもつGLEクラス。その次期モデルだけに新型の精悍なデザインがとても好印象だ。
まだインテリアなどの情報が乏しいので新しく情報が入り次第、追記したいと思う。

画像出典 http://www.autobild.de/

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-BENZ
-新型, 高級車

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2017 All Rights Reserved.