SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

新型ベンツ,GLC

ベンツGLC PHVは2016年内日本発売!燃費が約3Lで100kmの低燃費車!

更新日:

スポンサーリンク

 

Mercedes Benz(メルセデスベンツ)からGLKの後継車としてGLCが日本発売となりましたね。
Cクラスベースの女性でも運転しやすいサイズや質の高いインテリアデザイン、車間距離や車線の自動キープ機能、運転手をサポートする運転システム、ベンツらしい威厳のあるフロントフェイスなどなどベンツにとってSUVラインナップの主力となりえそうなモデルGLC。

先代のGLKはカクカクとした少しGクラスよりもボディデザインだったが、GLCは現在のSUVデザインの主流である丸みを帯びた流れるようなボディラインになっている。

SUVといえばGクラスという人たちには、高評価をうけるかどうかはわからないが万人に受けそうな外観である。
SUVというイメージが持つ無骨さというよりは気品が前面に感じられるエクステリアで個人的には好きなデザインだね。

日本の道路事情や駐車場事情を考えるとGLCのようなサイズがとても重宝するだろうから、これから人気が確実にでそうな予感!
ガソリンエンジン以外にもクリーンディーゼル車のモデルラインナップがされるそうだが、そちらは2016年内に登場ということだ。

ちなみに発売を期待していたPHV(プラグインハイブリッド)モデルは2016年内に日本発売となるらしい。
PHVをなぜ待ち望んでいるのかというと燃費が脅威の約38.5km/Lという凄さ!
約3Lで100kmを走破できることになる!

日本発売となれば外車SUVの中でも、ずば抜けて低燃費車となるわけである!
そこでメルセデスベンツGLC PHVのスペックや最新装備を調べてみた!

PHVとクリーンディーゼルのエンジンスペック

新型ベンツ,GLC

出典 http://insideevs.com/

ベンツはこのGLCに様々なドライブシステムや新設計、燃料消費の効率アップ、装備を盛り込んでおり、かなり力の入っていると見られる。
エアロダイナミクス(空力性能)や車体の軽量設計を行い、低燃費を実現できるよう強化されている。

これは日本で発売するうえで、大きなアドバンテージとなるだろう。
ハイブリッド化されていく日本車に燃費で対抗していく上で、燃料消費の効率アップはさけて通れない課題だ。

スポンサーリンク

新型ベンツ,GLC

出典 http://www.evo.co.uk/

もちろんPHVだけに力を入れている訳ではなく、欧州でも人気なクリーンディーゼルエンジンも強化されており、EU6排出量に遵守するとともに、GクラスのG500とG350dに搭載されているアイドリングストップ機能の「ECOスタートストップ」が標準装備となる。

 

クリーンディーゼルのエンジンスペック

GLC220D

  • 出力/125馬力
  • トルク/400N・m
  • 燃費/約18〜20km/L
  • 最大速度/210km/h

GLC250D

  • 出力/150馬力
  • トルク/500N・m
  • 燃費/約18〜20km/L
  • 最大速度/222km/h
mercedes,benz,glc

出典 http://www.evo.co.uk/

 

エンジンスペック

mercedes,benz,glc

出典 http://insideevs.com/

  • 出力/エンジン211馬力+モーター116馬力
  • トルク/560N・m
  • 燃費/約38.5km/L

PHVの特筆すべきポイント

  • サイレントスタート…電気モードで走り静かに走る
  • ブースト…スポーツカーのような加速感をプラス。100km/h加速は5.9秒
  • 回生ブレーキ
  • スマートナビゲーション…効率よく運転をするために交通状況を予測したり、予測シフトや運転サポートやECOアシストなどのシステム
  • E-モード…充電の電気が充分にある場合にある場合にモーターだけで駆動する

PHVの次は2019年には燃料電池バージョン?

ベンツは2019年にも燃料電池自動車F-セルの計画を進めるようだ。
その計画のベースとなるのがGLC PHV。次世代の燃料電池をつくるためにもこのPHVシステムの開発がベンツにとっては重要なポイントということ。

燃料電池自動車はトヨタのミライのようにどうしても高価になってしまう。
開発のコストを下げるためにもPHVの技術をうまく活かせるようにするのがこれから課題となってくるわけだ。

 

PHVの装備

GLC PHVだけに限った装備ではないが、駆動プログラムが5つあり、オフロードや斜面、雪道、滑りやすい道路などが選択できる。
ミッションは7速の7G-Tronic、エアサスペンションによる車高調整、エコやコンフォート・スポーツなどの走行モードも付いている。

他にも運転支援パッケージ、後方のレーダーセンサー、新しいヘッドディスプレイや交通標識を認識して進入禁止の入りそうなると警告音で運転手に知らせる機能もあり、ドライバーに優しい車設計となっている。

メルセデス,ベンツGLC,PHV

出典 http://www.evo.co.uk/

 

まとめ

メルセデス,ベンツGLC,PHV

出典 http://www.evo.co.uk/

メルセデスベンツにとって、また新しい伝統となるぐらいの可能性を秘めたGLC。
運転効率を高めるために、計算され尽くした軽量ボディ、運転手や乗員の安全性を高め、そして安全運転をサポートし、大げさだがまさに次世代の車の規範となるべき車とも言える完成度と言える。
そして、環境に優しい低燃費を誇るGLC PHV。早く日本発売となる日が待ち遠しくてしょうがない。

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-BENZ
-PHV, おすすめ, 人気, 新型

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.