SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

メルセデス ベンツ GLC F-CELL 新型

BENZ

ベンツにPHV付き水素燃料電池車GLC F-CELL登場!発売は2019年以降?

更新日:

メルセデス・ベンツGLCに水素燃料電池が搭載?
しかもPHV(プラグインハイブリッド)付きで???

 

スポンサーリンク


 

水素燃料電池搭載車(フューエルセル)と言えばトヨタ MIRAIだが、ベンツから革新的なSUVが登場する!
ベンツではBクラスでF-CELLと呼ばれる水素燃料電池を開発しているが、そのタイプよりもコンパクトになるという。

本国ドイツでは2019年に発売される予定のBENZ GLC F-CELL 2019モデルをリサーチしてみた!!

 

初の水素燃料電池自動車にPHV搭載!

トヨタのミライは燃料電池とバッテリー・モーターで駆動しているが、ベンツGLCF-CELLはこれにプラグインハイブリッドの充電機能とEV走行(バッテリー走行)の機能が備わっている。

街中など、少ししか走行しない場合はEVモードで充分こと足りると思われる。
しかもモーターのシステム出力は197psとガソリンモデルには及ばないが充分なパワーもある。

水素燃料を入れる炭素繊維の強化タンクは、ミライと同じように後部座席の下に搭載されるようになる。

その他に燃料電池を搭載すると同時に「F-CELL」であるのがすぐ認識できるようにフロントグリルやアルミホイールのデザインが改良される予定だ。

 

エンジン音がしないさらなる上質な走りへ!

ベンツGLCに水素燃料電池を搭載することで、そうでなくても上質な走りが売りのベンツがさらなる快適なドライビングフィールを与えてくれる。

バッテリー駆動のEVモート、そして燃料電池で走行中もエンジン音はしない。
あるとすれば外から入ってくる音やロードノイズだろう。

 

スポンサーリンク


 

航続距離は?

ベンツGLC F-CELLの気になる航続距離は水素燃料だけだと約436km走行が可能だそうだ。
そしてEVモード(バッテリー走行)だけだと約78km走れるらしい。

燃料電池とバッテリー合わせて約520kmほど走れる計算になる。

 

GLC F-CELL モータースペック

  • モーター出力/197ps
  • バッテリー容量/13.8kWh

 

ギャラリー

メルセデス ベンツ GLC F-CELL 新型 メルセデス ベンツ GLC F-CELL 新型 メルセデス ベンツ GLC F-CELL 新型 メルセデス ベンツ GLC F-CELL 新型 メルセデス ベンツ GLC F-CELL 新型

 

まとめ

もしこのベンツGLC F-CELLが日本で登場するとなれば、2020年ごろ発売だろうか?
そのころまでには水素ステーション・充電スポットが増えていれば、かなり実用性があるSUVになる。

おまけに排出されるのは「水」なので地球環境にも、やさしい車になるわけだ。
ホイールデザインはいただけないが、フロントバンパーも通常のGLCもゴツくて個人的にはかっこいい!

画像出典 http://www.motortrend.com/

小さくて可愛い外車SUV登場!ベンツがスマートSUVを2019年に発売か?

電気自動車ベンツEQCは2019年発売?航続距離500kmの次世代SUV!

遂にベンツが初の高級ピックアップトラック新型Xクラスを2018年発売!

IAA 2017: Ausblick auf die vollständige Elektrifizierung bei Mercedes-Benz
Drei Weltpremieren auf der IAA 2017 geben einen Ausblick auf die weitere Elektrifizierung bei Mercedes-Benz. Im Mittelpunkt steht dabei das erste vollelektrische Konzeptfahrzeug EQA im Kompaktsegment. Das Vorserienmodell des Brennstoffzellen-Plug-in-Hybrid, der Mercedes-Benz GLC F-CELL EQ Power, verbindet praktische Vorteile wie große Reichweite und kurze Wasserstoff-Tankzeiten mit lokal emissionsfreiem Fahren. Mit dem neuen, elektrisch angetriebenen Showcar smart vision EQ fortwo zeigt die Marke in einer Weltpremiere eine Studie der noch jungen Produkt- und Technologiemarke EQ. Die vollautonom fahrende Studie verkörpert als erstes Fahrzeug umfassend alle vier Säulen der Unternehmensstrategie CASE: „Connected“, „Autonomous“, „Shared“ und „Electric“. ► Abonnieren Sie Mercedes-Benz auf YouTube:

IAA 2017: Ausblick auf die vollständige Elektrifizierung bei Mercedes-Benz

 

Es wird elektrisch – Matthias Malmedie und ein Vorserienfahrzeug des GLC F-CELL
Matthias Malmedie lernt die neueste Technik von Mercedes-Benz kennen. Das Vorserienfahrzeug des GLC F-CELL verfügt über eine Brennstoffzelle, mit der aus Wasserstoff und Sauerstoff Elektrizität gewonnen werden kann. Mercedes-Benz auf YouTube abonnieren:

Es wird elektrisch – Matthias Malmedie und ein Vorserienfahrzeug des GLC F-CELL

 

GLC F-CELL geht in die Vorproduktion: Elektrofahrzeug mit Brennstoffzelle und Batterie
Mercedes-Benz präsentiert auf der diesjährigen IAA in Frankfurt mit dem Vorserienmodell des neuen Mercedes-Benz GLC F-CELL den nächsten Meilenstein auf dem Weg zum emissionsfreien Fahren. Unter der Technologiebezeichnung EQ Power elektrisiert das neueste für die Serie vorgesehene Elektromodell der Mercedes-Benz Familie gleich zweifach, denn es soll weltweit erstmalig die innovative Brennstoffzellen- und Batterietechnik zu einem Plug-in-Hybrid kombinieren: Neben Wasserstoff wird die rein elektrische Variante des beliebten SUV auch Strom „tanken“. ► Abonnieren Sie Mercedes-Benz auf YouTube:

GLC F-CELL geht in die Vorproduktion: Elektrofahrzeug mit Brennstoffzelle und Batterie

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-BENZ
-4WD, PHV, SUV, アウトドア, ドイツ車, ファミリーカー, ベンツ, 四駆, 外車, 水素燃料, 燃料電池, 輸入車

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2017 All Rights Reserved.