SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ

Landroverディスカバリー新型が2017年夏発売?国内初導入ディーゼル搭載

更新日:

スポンサーリンク

 

ランドローバーディスカバリー新型が2017年夏(6月ごろ?)にもフルモデルチェンジをして日本発売されるかもしれない。
兄弟車のディスカバリースポーツを高くしたようなデザインはクロカンというよりは都会派SUVと言った方がしっくりくる感じだ。

5世代目になる新型ディスカバリーは新しいプラットフォームのおかげで約100kgほどの軽量化になるという。
これにより走行性能を向上させ燃費にも貢献してくれるだろう。
ランドローバーのSUVはどれも燃費に関してはあまり良い印象がないので期待したいところだ。

ハイテク技術も惜しみなく投入されその力はオフロードでもしっかりと発揮してくれる設計になる予定。
外車で希少な7人乗り3列シートを持ち合わせたファミリーカーも遂に5世代目。
2017年の発売が期待されるランドローバーディスカバリー新型についてまとめてみた。

遂に新型ディスカバリーも都会派のデザインにフルモデルチェンジ!

今までのディスカバリーの印象と言えば、カクカクとした外観が特徴的だろう。
だが、次期5台目になるディスカバリーも他のレンジローバーやレンジローバー・スポーツ、イヴォークディスカバリースポーツなどと同じスマートなデザインとなる。

昔ながらのクロカンスタイルを思わせるスタイリングが好みだという人はこれは残念なモデルチェンジになってしまうかもしれない。
特にデザイン的にはディスカバリースポーツの全高を高くしただけのように思えるのでディスカバリーのクロカンテイストがもう少し濃く出てくれると嬉しい。

ジープで言えばラングラー以外のモデルは都会的なデザインに移行したがラングラーは以前と同じくクロカンテイストを貫いている。
ラングラーのデザインもいつまで続くかはわからないが四角いデザインが日本では男女関係なく結構人気が高いのだ。

まぁ、一概に人気と言っても売上が良いとは言い切れないのが現状かもしれないが。
だが、世界的にみてトヨタのハリアーのようなデザインの方が売れるのだからランドローバーもそうするのが当たり前だろう。

スポンサーリンク

ボディサイズ

  • 全長/4970mm
  • 全幅/2075mm
  • 全高/1890mm

エンジンスペック

  • 3LV6ガソリンエンジン/最高出力340ps 最大トルク450Nm
  • 3LV6ディーゼルターボエンジン/最高出力258ps 最大トルク600Nm

燃費(ヨーロッパモデル)

  • 3LV6ガソリンエンジン/約9.2km/L
  • 3LV6ディーゼルターボエンジン/約13.9km/L

価格

  • HSE/ガソリンモデル…779万円 ディーゼルモデル…799万円
  • HSEラグジュアリー/ガソリンモデル…881万円 ディーゼルモデル…901万円
  • FIRSTエディション/ガソリンモデル…1016万円 ディーゼルモデル…1036万円

外観画像

新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ 新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ

内装画像

新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ,内装 新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ,内装 新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ,内装 新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ,内装 新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ,内装 新型,ランドローバー,ディスカバリー,次期型,フルモデルチェンジ,内装

ハイテク装備が盛り込まれた新型ディスカバリー 2017モデル!

次期新型ディスカバリーの内装は大型ディスプレイや進化したナビゲーションシステムを搭載しオフロード走行でも役立つカメラシステムも備わる予定だ。

 

世界初のオフロード走行を自動運転する機能搭載か?

そして、驚きなのはオフロード走行時に自動運転機能が備わる可能性があること。ベンツ・アウディ・BMWは高速道路での自動運転機能が開発されているのが、オフロードではまだ未実装だ。

オフロードでルートをディスカバリーが選んで自動運転できるなら本当にハイテククロカンと言える!!

気になるオフロードでの自動運転での仕組みは超音波センサーとレーダーにより地形を認識して正しく走れるルートを判断するという優れもの!

そして、ディスカバリーでコンボイを組んだ場合前方のディスカバリーの走行データを後方のディスカバリーが共有できるというシステムなのだ。
これが実現すればまさにオートオフローディングの時代到来だ。

【追記】 今回の新型ディスカバリーには自動オフロード走行機能は搭載されないようだ。
残念だが次期モデルに期待するしかない。

 

内装

インテリアのデザインはより洗練されたものになるだろう見られている。注目したいのがコンセプトモデルのサンルーフのデザインだ。
開放感に溢れており、未来的なスタイルはとても素晴らしい。

コンセプトモデルはショーのためにドアが観音開きになっているのが市販モデルで発売される際には通常の開き方になるだろう。
フロントマスクはディスカバリースポーツを強く思わせるがリアのデザインは個人的には嫌いではない。

どっしりとした、いかにもディスカバリーといった感じがここには残っている。

 

画像出典 http://www.carsuk.net/ http://www.carscoops.com/ http://www.indiancarsbikes.in/ http://www.topspeed.com/

エンジンは何が搭載される?

新型ディスカバリーに積まれるエンジンの予定としては3.0リッターディーゼルエンジンと3.0リッターのV6きエンジンということだ。
組み合わされるトランスミッションは8速とみられている。

新型プラットフォームによるボディ全体のアルミパーツの使用で約400kg軽量化の恩恵を最大限に活かした作りになっている。
ぜひ5代目ディスカバリーでは燃費が飛躍的にアップしていることに期待したい。

次期新型ディスカバリーのまとめ

2017年に発売予定のランドローバーディスカバリーの新型だがライバルたちも続々と新型モデルを発売させる予定なので気を抜けない状況だ。
デザインはしっかりとシティユースなSUVだがオフロード性能がどれほどのものかも気になるところだ。

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-Land Rover
-3列シート, 7人乗り, オフロード, クロカン, 新型, 英国車

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.