SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー

JEEP

ジープYUNTU(ユントゥ)コンセプトは中国専用3列7人乗りの初PHV!

更新日:

上海モーターショーでジープ初のPHVコンセプトカー「JEEP YUNTU(ユントゥ)」が発表された。
そして、このユントゥはジープ コマンダー以降になる3列7人乗りSUVの設定になっている。

 

スポンサーリンク


 

ジープらしいカクカクしたボックス型のデザインで、しっかりと7本スリットグリルが入っている。

最近では流線型のフォルムが流行っているSUVだけにとても新鮮な印象だ。

ただ、発売されるのが中国専用ということなので、残念ながら日本で買うことはできない。
YUNTUにはプラグインハイブリッドというジープとして新しい試みがある。
これは大変興味深い!

2008年にラングラーのEV(電気自動車)コンセプトが発表された。
このPHVモデルが成功すればラングラーでのプラグインハイブリッド導入も現実味を帯びてくるだろう。

それでは、JEEP初のPHV新型コンセプトカー YUNTU(ユントゥ)の魅力を見ていこう!

 

JEEPユントゥは中国専用3列席7人乗りファミリーカー!

ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー

今、SUV市場では3列席7人乗り仕様のファミリーカーとして使えるモデルの開発にチカラが入っている。
国産・輸入車ブランドとともに、海外で販売するモデルに新型の7人乗りや既存のモデルに3列仕様を追加ラインナップするなどの動きが活発化している。

このジープ ユントゥもミニバンからSUVに乗り換えを狙っている家族がターゲット層になっている。
ボディサイズはグランドチェロキーより大きいがコンセプトカーの段階では7人乗りではなく、2列目がセパレートシートになり6人乗りの設定になっている。

ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー

コンセプトではドアが観音開きになっているが、スライドドアにするなどしたらファミリー層からの注目をより集めることになるだろう。

中国のジープ公式サイトで専用ページが立ち上げられている。

ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー

 

ジープ初のPHV登場?

ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー

ジープはじめてのプラグインハイブリッドとなれば、日本のファンも
「もしかしてラングラーやチェロキーもPHVに!」
という淡い期待を持ちそうだが、海外のメディアではシビアな意見もある。

これからの時代背景を考えて新型SUVを設計するならPHVではなくEVに注力して開発していくべきということだ。
PHVが悪いというわけではなく、中国の環境を考えるとEVのほうが断然環境性能が良いということだ。

ただジープ ユントゥでPHVがうまくいけば、環境性能で遅れをとっているジープにとっては大きな進化だろう。

 

スポンサーリンク


 

バッテリーのみで65km走れる?

プラグインハイブリッドのメリットの一つに、バッテリー駆動で走ることがあげられる。
このジープ ユントゥはバッテリー駆動のみで約65km走れる設定になっている。

想像してほしい!あの燃費の悪いがジープのSUVがバッテリーだけで65kmも走れるのだ。
65kmという距離なら街中で使う分には、実用性のある走行距離だ。

中国専用ということだが、日本でもこのPHVのラインナップを1日も早く増やしてほしい!

またジープ ユントゥにはワイヤレスで充電できるデバイスを搭載しているということだが、詳細は定かになっていない。

 

ベースはチェロキー?

ジープ ユントゥのボディサイズはグラチェロよりも大きいが、ベースはチェロキーだ。
特に細長いヘッドライトにチェロキーの面影が見える。
そしてクライスラーのミニバンであるパシフィカの駆動システムを一部に組み込んで使用するようだ。

すべて新設計せずに既存のシステムを流用するのは車の開発ではよくあることだがジープ ユントゥも今あるモデルのパーツを使用することで販売価格をリーズナブルにするという狙いだ。

 

JEEP初のオフロード自動運転付?

ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー

そしてこの新型コンセプトカー「ジープ ユントゥ」で大変興味深いシステムがオフロードでのオートパイロットシステム(自動運転機能)だ。
自動運転と聞いたら、車が道路の状況などを検知して走るように思えるが、このジープ ユントゥのシステムは少し違う。

オフロードを走る前に予め付属のドローンを飛ばして、荒れた道の状況を確認して、その情報を解析することでオフロードのオートパイロットドライブを可能にするという仕組みだ。
同じくクロカンに定評のあるランドローバーでもオフロードでの自動運転が開発中だが、四駆好きにすごく好奇心がそそられるデバイスだ!

画像出典 http://www.autoblog.com/ http://www.caradvice.com.au/ http://www.autoexpress.co.uk/ http://www.carscoops.com/

 

まとめ

ジープ ユントゥ YUNTU 7人乗りコンセプトカー

ジープ ユントゥには上記の装備以外にも魅力的なものがある。
ジェスチャーコントロールやバイオメトリックセキュリティと言って、ドライバーを顔認識してドアの解錠やエンジンをかけることができるようになる装備も備えている。

新しい試みが盛り沢山だが、どこまで現実的に完成させることができるのかが、大変気になるところだ。

Jeep Yuntu al Salone di Shanghai 2017 | Quattroruote
Presentata al Salone di Shanghai la nuova Jeep Yuntu, una Jeep a trazione ibrida con batterie ricaricabili per il solo mercato cinese che sembra una limousine a sette posti con ruote enormi e un abitacolo rifinito come un salotto! ISCRIVITI al canale:

Jeep Yuntu al Salone di Shanghai 2017 | Quattroruote

JEEPチェロキーが2018年前半マイナーチェンジ?顔がグラチェロ風に?

2018年発売?新型JEEPラングラーはディーゼルと8速ATで燃費改善か!

中国専用6輪車?ジープラングラー6x6とは?ロングボディなのに定員3名?

2018年にJEEPラングラーのピックアップ スクランブラーは日本発売か?

JEEPコンパス新型は2018年前半に発売?チェロキー並の高級感で価格は?

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-JEEP
-3列席, 7人乗り, PHV, アメ車, コンセプトカー, ファミリーカー, プラグインハイブリッド, 新型

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2017 All Rights Reserved.