SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

ジープ コンパクトSUV

ジープ史上最小のSUVはFIATパンダベースでコンパス顔で2022年登場か?

投稿日:

スポンサーリンク

 

ジープで最もコンパクトSUVになると予想されたレンダリング画像がcartoqにて公開された!
顔つきはコンパスのようなデザインになり、万人受けする見た目だ。

日本だけでなく世界でもコンパクトSUVの市場はまだまだ拡大していくと思われ、ジープの小型SUVとなれば注目される車種になるだろう!

現在での噂や予想の情報をチェックしたので見ていこう!

レネゲードよりもコンパクトなSUV

ジープに登場すると予定されている新型コンパクトSUVは、レネゲードよりも小型のサイズになる。

顔つき的にはcartoqのレンダリングにもあるように、レネゲードのようなファニーフェイスではなく、コンパスのようなキリッとした顔つきになると予想されている。

世界的な人気がを見るとラングラーやレネゲードのような顔つきよりは、グラチェロのような顔つきのほうが人気があるのでコンパスのようにグラチェロフェイスを引き継ぐ可能性が強いということだ。

スポンサーリンク

ベースはFIATパンダ!

この新型コンパクトSUVは、ベースにFIATパンダが使われると予測されている。

FCAグループのなかでもっとも小さいSUVと言えば、パンダになるので当たり前といえば当たり前のことだろう。

パンダの駆動方式はFFのみになるが、ジープブランドということで新型コンパクトSUVには4WDモデルもラインナップされるのではと見られている。

レネゲードのようにトレイルホークモデルが登場するかどうかはわからないが、SUVでもシティクロスオーバーというポジションになりそうだ。

 

登場次期

ジープ ロードマップ

ジープは5ヵ年計画にて、ジープレネゲードよりも小型で、ブランド史上で最もコンパクトなSUVを登場させることを発表している。

その計画スケジュールによると2022年にAもしくはBセグメントクラスのコンパクトSUVを発売する予定になっている。

パワートレインにはPHEVのマークが付いているので電化されたモデルになるだろう。

ボディサイズ的に全長が4m以下になると言われているので、かなり小さなSUVになる。

国産車でライバルになってくるのは、クロスビーやジュークといったあたりだろうか。

レネゲードよりも小さいということで、価格も手頃になることが予想され日本で人気が出そうな予感がする!

参考までにフィアットパンダのボディサイズを載せておこう。

  • 全長/3655mm
  • 全幅/1645mm
  • 全高/1550mm
  • ホイールベース/2300mm

性能

プラットフォームが共有されるフィアットパンダはツインエアーの875ccが採用されるが、ジープ新型コンパクトSUVには1.4リッターターボチャージャーエンジンと1.3リッターのディーゼルエンジンを載せるという見方がある。

ガソリンエンジンは、現在レネゲードに搭載されている1.4リッターがそのまま採用される流れになりそうだ。

ディーゼルエンジンが日本で登場する可能性は低いが、スペックのほうが気になる。

ジープ 最小SUVの噂 まとめ

ジープが2022年に小型SUVを市場に投入するのはわかっているが、どんなキャラクターのコンパクトSUVになるのか注目だ。

日本ではレネゲードの人気も高いので、新型コンパクトSUVが登場すればジープ人気を支える車種が増えることになるかもしれない。

参照・出典 https://www.cartoq.com/

税金が安くて燃費が良い国産コンパクトSUVのガソリンモデル ベスト3

女性でも安心な外車コンパクト高級四駆SUV!人気のおすすめ小型4WD!

女性にイチ押し外車コンパクトSUV!小型でおしゃれでかっこいい四駆!

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-JEEP
-かわいい, アメ車, コンパクトSUV, 新型

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.