SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

FORD ベイビーブロンコ

FORDがJEEPレネゲード並の小さい新型SUVベイビーブロンコを開発?

更新日:

スポンサーリンク

 

まだあくまでも噂の段階だが、FORDがジープ レネゲードのようなコンパクトSUVを開発中という話がでている。
ブロンコが復活するという噂もあり、この新型コンパクトSUV 通称「ベイビーブロンコ」とは別に登場するのかも現段階では詳細なことはわかっていない。

ただフォードのプレスでは2020年までに新型SUVを登場させるという発表をしており、その中にはブロンコと小型SUVの登場を示唆するようなことを発表している。

おまけにティザー画像もアップしているので、コンパクトクラスの新型SUVを開発中というのは間違いないだろう!

JEEPレネゲードに対抗するベイビーブロンコを開発中?

そしてこの「ベイビーブロンコ」と呼ばれている新型コンパクトSUVは、JEEPレネゲードクラスのSUVに対向できるようなサイズで展開されることが予測されている。

大型サイズのSUVやトラックをラインナップしてきたフォードだが、世界的にもコンパクトクラスのSUVは毎年続々と登場しており、人気がある。

今までコンパクトサイズのSUVを充実させてこなかったフォードだが、ここにきてエコスポーツとエスケープ以外のモデルを登場させる気なのだろう。

スポンサーリンク

搭載エンジンは?

このベイビーブロンコにはエスケープに搭載されているエコブーストの2リッターエンジンが採用される可能性があるようだが、他にも候補として上がっているのが3気筒エンジンということだ。

2020年までに100%電気自動車とハイブリッドシステムを搭載した新型モデルを発表するようで、もしかしたらベイビーブロンコも3気筒エンジンにハイブリッドもしくはマイルドハイブリッドなどの技術を採用して登場する可能性もある。

もちろん電化だけでなく、運転支援システム・緊急自動ブレーキなどの採用もあるようだ。

フォードは2020年までに現在のラインナップの4分の3を新しく置換えて、高騰するガソリン価格へのリスクヘッジとして、どんどんと電化モデルの車種を増やしていく計画だ。

その背景を考えると、単なるダウンサイジングターボのエンジンではなく、ハイブリッドなどの電化バージョンがこのベイビーブロンコにも搭載されるのが有力だ。

 

FORDエコスポーツとエスケープの中間にあたる新型SUV

サイズ的にはフォードのSUVで一番小さな「エコスポーツ」よりも大きく「エスケープ」よりもコンパクトなサイズになるだろう。

見た目はティザー画像から予測するとレネゲードのようなファニー路線のコンパクトSUVではなく、コンパスを小さくしたような外観になると思われる。

個人的には初代ブロンコのようなレトロなデザインでレネゲードの個性と真っ向から勝負できるSUVに期待したいところだ。

レネゲードに悪路走破性の高いモデル「トレイルホーク」が存在するようにフォード ベイビーブロンコにも尖った正確のグレードをぜひともラインナップしてほしい。

 

FORD ベイビーブロンコ まとめ

フォードから登場するラインナップに掲げられている小型SUVの通称「ベイビーブロンコ」が日本で登場する可能性は今のところ低いだろう。
何しろフォード自体が日本から撤退しているので、正規ルートで購入できる確率も低い。

どんなスペック、どんな外観、正式名称で登場するのかまったく不明なベイビーブロンコだが、レネゲードと競合できるほどのアクの強いキャラクターで登場すればアメ車SUVのコンパクトクラスも面白くなりそうだ。

参照元 https://media.ford.com/

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-FORD
-アメ車, コンパクトカー, 新型

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.