SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

エクスプローラー,フォード,新型,スパイショット

FORDエクスプローラー新型発売は2019年か?サイズが更に拡大?

更新日:

スポンサーリンク

 

フォード新型エクスプローラーの6代目にあたる次期型のスパイショットをご紹介。

デザインがほぼ完成形に近い状態で世界初デビューは間近と思われる。
日本では正規ディーラーが撤退してしまったがこれぞアメ車の代表格であるエクスプローラー新型の情報をお伝えしていこうと思う。

エクスプローラー新型登場は2019年中?

すでにスパイショットの状態でカモフラージュがところどころにしかカバーしていない状態なので市販モデルはほぼほぼこのデザインで決定だろう。

エクスプローラーと言われて納得できるアメ車らしい風貌になっているのがわかる。

大型ボディでアメリカでは7人乗りのSUVの定番と言えるモデル。

正規ディーラーでは日本で販売はないが輸入代理店などで早く登場させて欲しいアメ車SUVだ。

スポンサーリンク

エクスプローラー新型のサイズは更に拡大か

公式発表でのボディサイズの資料など詳しい情報はまだ不明だが5代目モデルよりもサイズが大きくなっているように思える。

全長が大きくなるとすればホイールベースの延長も考えられ3列目の余裕もさらにアップしていそう。

フロントマスクは先代よりも存在感が増してワイドなデザインになり大型SUVの風格が向上しているように思える見た目だ。

ボディーフォルムも5代目よりもボクシーなスタイリングになり万人受けが良さそうな外観に仕上がっている。

このデザインだと日本でも「欲しいっ!!」と思う人はいるのではないだろうか。

ただデメリットはやはり何度も言っているが正規ディーラーがないのでアフターメンテナンスの面での不安が残る。

でも逆に日本で乗る人が少ない希少なアメ車SUVになるというのがメリットか。

エクスプローラー,フォード,新型,スパイショット

エクスプローラー,フォード,新型,スパイショット

エクスプローラー,フォード,新型,スパイショット

エクスプローラー,フォード,新型,スパイショット

エクスプローラー,フォード,新型,スパイショット

エクスプローラー,フォード,新型,スパイショット

 

フォードエクスプローラー新型 パワートレイン

新型エクスプローラーのエンジンにはメインに直列4気筒の2.3Lのエコブーストエンジンを採用することになるだろう。

ボディ構造にアルミ部品を増やすことで重量も軽減されているのでさらに先代よりも軽快なドライブが楽しめそう。

そしてエクスプローラーSTには最高出力400hpを発揮するV6型3.0リッターツインターボエンジンが搭載される可能性が高いと見られている。

パフォーマンスで選ぶならSTがおすすめだが、日常生活で走るならエコブーストのグレードでも十分だろう。

 

フォード エクスプローラー新型の内装

エクスプローラー,新型,フォード,内装,スパイショット

エクスプローラー,新型,フォード,内装,スパイショット

エクスプローラー,新型,フォード,内装,スパイショット

 

歴代モデルのエクスプローラーをおさらい

エクスプローラー,フォード,初代

初代エクスプローラーはブロンコの後継車として1990年に登場。

今でもクラシックなアメ車のファンに公表なボクシーなスタイリングが特徴的。

  • 全長/4675mm(5ドア)
  • 全幅/1780mm
  • 全高/1710mm(5ドア)
  • ホイールベース/2840mm

エンジンはV6OHVの4.0Lで今では希少な大排気量モデル。

3ドアモデルも存在しブロンコの後継車だと伺えるSUVだった。

 

エクスプローラー,フォード,2代目

2代目では初代のボクシーなスタイルから若干丸みを帯びて顔つきも優しくなったようなデザインになった。

個人的にはエクスプローラーの歴代モデルで外観が一番エクスプローラーらしくないモデルに見える。

  • 全長/4825mm(5ドア)
  • 全幅/1780mm
  • 全高/1710mm(5ドア)
  • ホイールベース/2835mm

2代目も3ドアモデルが存在しグレードを選ぶ楽しさがあった。

3ドアモデルはファミリーカーとしての用途よりも趣味車としての魅力が高い車だろう。

2001年には4ドアモデルをベースにしたピックアップトラックのグレードも存在。

アメ車らしいカジュアルさが前面に打ち出されたモデル。

 

エクスプローラー,フォード,3代目

3代目ではボクシーなスタイリングが復活。

4輪がすべて独立懸架式になり走行性能や静粛性においてブラッシュアップされたモデルになる。

  • 全長/4800mm
  • 全幅/1830mm
  • 全高/1800mm
  • ホイールベース/2890mm

3ドアモデルはラインナップせずに5ドアモデルだけの展開。

見た目もアメ車らしいスタイリングでドラマにも登場したモデルになる。

 

エクスプローラー,フォード,4代目

4代目では存在感のあるフロントフェイスになって登場。

全長も延長され5mに迫る大きさになった。

ミッションが初めて6速ATが採用される。

  • 全長/4900mm
  • 全幅/1855mm
  • 全高/1850mm
  • ホイールベース/2890mm

販売期間は2006年から2010年まで行われた。

メッキパーツが多く使われアメ車のイメージを色濃くしたモデルだった。

 

エクスプローラー,フォード,5代目,前期

5代目は2010年から日本で登場。

前期型ではフロントがじゃっかん流線型になり、FRベースの4WDからFベースの4WD駆動システムに移行したモデルだ。

ボディサイズはさらに拡大し存在感がさらにました。

全長が5m超え、全幅も2mというビッグサイズSUVになった。

ボディサイズとは逆にエンジンでは初の2.0Lエコブーストエンジンを採用。

低燃費とお得さを売りにしたモデルだ。

  • 全長/5010mm
  • 全幅/2000mm
  • 全高/1790mm
  • ホイールベース/2860mm

エクスプローラー,フォード,5代目,後期

後期型ではフェイスリフトが行われてスタイリッシュで質実剛健なイメージに変身。

装備面ではハンズフリーパワーリフトゲートを採用、エンジンを2.3Lのエコブーストになり搭載。

そしてとうとう2015年10月に日本から撤退することをフォードが発表。

日本に販売されるのは在庫のみになった。

 

新型エクスプローラー まとめ

エクスプローラー,新型,フォード,スパイショット

エクスプローラーはアメリカでは警察車両としても使われることもあり、すでに新型モデルをテストしているという情報もある。

アメ車と言えばジープ以外にフォードエクスプローラーというぐらい認知度の高いモデルの新型が日本では正規ディーラーで販売されないのは残念。

ただ新規情報が入ってきしだい、次期型についての情報を追記していきたいと思う。

ソース https://www.carscoops.com/

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-FORD
-4WD, SUV, かっこいい, アウトドア, アメ車, ハイブリッド, ファミリーカー, 四駆, 新型

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.