SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

デリカD5,新型,外観,画像,アーバンギア

デリカD5新型発表で11月21日予約開始。安全装備や質感が大きく向上!

更新日:

三菱が誇る4WDミニバン「デリカD5」の新型モデルついに発表された。
ということでデリカD5のフルモデルチェンジ情報をチェックしてみた!

次期新型はエクリプスクロスのような鋭いデザインのヘッドライトになりながらも、三菱のデザインコンセプトであるダイナミックシールドを採用したフロントマスクでスタイリッシュな4WDミニバンに生まれ変わった。

ビッグマイナーチェンジで2018年度内に発売予定

新型デリカD5の発売は2019年になる予定で、2018年末には三菱からデリカD5のフルモデルチェンジについて何らかの発表があると有力視されている。

今回フルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジをして登場。

先代の良さやメリットを残しつつ先進的なシステムと安全性能を大きく進化。

そしてフロントマスクに現れているダイナミックシールドを採用した迫力のある顔つきになってデビューした。

全体的なフォルムを変えずにビッグマイナーチェンジを施したのは先代モデルを気に入っているファンへの影響を考えてデザインなどは顔つきや内装だけにアップグレードをとどめたのだろうか。

新型デリカD5 パワートレインスペック

新型デリカD5に搭載されるパワートレインは2.2リッターのディーゼルターボエンジン。

  • 2.2Lディーゼルターボエンジン
    最高出力/170hp
    最大トルク/392Nm

期待していたPHEVの採用は今回は見送りになったようだ。

もし採用されるのであれば噂ではアウトランダーにも採用されている2モーター式のPHEVになるようだ。

  • PHEV
    エンジン/直列4気筒2.0L
    最高出力/118ps
    最大トルク/186Nm
    モーター前/最高出力82ps・最大トルク137Nm
    モーター後/最高出力82ps・最大トルク195Nm

 

外観と内装

デリカD5,新型,外観,画像

デリカD5,アーバンギア,新型,外観,画像

アーバンギア

デリカD5,新型,外観,画像,アーバンギア

デリカD5,新型,内装,インテリア,画像

デリカD5,新型,内装,インテリア,画像

デリカD5,新型,内装,インテリア,画像

デリカD5,新型,内装,インテリア,画像

デリカD5,新型,内装,インテリア,画像

 

グレード展開と発売価格

グレードは「D5」で4グレード、「D5アーバンギア」で2グレードのラインナップになる。

価格は約385万円〜約425万円になる。

発売開始は2018年度内という発表になっている。

安全性能や質感の向上によりエントリーモデルでも価格がかなりアップしたようだ。

400万円前後のミニバンとなり少し手の届きにくい車になった印象がある。

希望としてはエントリーグレードももう少しリーズナブルなモデルが欲しいところ。

デリカD5,新型,外観,画像

デリカD5,新型,外観,画像

デリカD5,新型,外観,画像

デリカD5,新型,外観,画像

デリカD5,アーバンギア,新型,外観,画像

デリカD5,アーバンギア,新型,外観,画像

 

三菱新型デリカD5の装備内容

デリカD5,新型,内装,インテリア,画像

新型D5では機能性と質感・安全面でのクオリティーアップがメインになった。

予防安全装備「e-ssist」の搭載はかなり購入を決定づけさせるポイントになってくるだろう。

デリカを欲しくても安全面での不安が先代ではあったが新型では力強さと安全性能を兼ね備えたまさしくオールラウンドミニバンに進化した印象だ。

S-AWC

ツインモーター式の四駆システムをベースに三菱ご自慢の「AYC」でブレーキをコントロールし、前後左右の駆動力を制御、ABSとASCもコントロールすること走行安定性を向上させている。

走行モードは「NORMAL」と「4WD ROCK」が選択可能になる。

衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)

センサーが危険を感知することで自動でブレーキをかけて衝突の被害を軽減してくれるシステム。

センサーは主にレーザーレーダーとカメラと電波式レーダーを使って危険を検知する仕組みになっている。

衝突の危険性があると感じられたら警報音を出して知らせてくれる。

そして衝突性の危険が高くなると警報とやや強めのブレーキで車をコントロール。

さらに衝突の危険が高くなると緊急自動ブレーキをかけてくれるシステムになる。

マルチアラウンドモニター

デリカD5,新型,内装,インテリア,安全装備

デリカの車両前後左右に装備してある四つのカメラで近くになる360度の安全確認をサポートしてくれるシステム。

車を真上から見下ろしているようなイメージで周囲を見ることができるので駐車するときにもスムーズにできるのが特徴的。

車線逸脱警報システム(LDW)

車が通行車線を外れそうになると警報音で注意を促してくれるシステム。

車のフロントガラス上部に搭載したカメラにより現在走っている車線の位置をモニタリング。

車が車線を外れそうになることで警報を鳴らして運転手に注意をしてくれる。

レーダークルーズコントロール(ACC)

高速道路での運転がかなり楽になるシステムで前を走っている車の加速や減速停止に合わせて自動でスピードをコントロールしてくれる実に使い勝手の良いシステム。

前の車が停止して自分の車を停止した後は車を発進させるときにドライバーがアクセルやスイッチ操作をすることでまた自動追従走行を再スタートしてくれる。

後側車両検知警報システム(BSW/LCA)

この機能も高速道路やバイパスで走る時に役に立つシステム。

斜め後ろから接近してくる車をセンサーで検知してレーンチェンジをする際に注意を促してくれる。

オートマチックハイビーム(AHB)

対向車線を走っている車を検知してハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるシステム。

また周囲の明るさにも対応しており状況に合わせてハイビームとロービームを切り替えてくれるので運転手がライトの操作をしなくてもいいのが助かるシステム。

後退時車両検知警報システム(RCTA)

駐車場からバックで出る時には安心して運転ができるシステム。

バックで駐車場から車を発進させるときに近くになりがちな斜め後方の安全を電波式レーダーにより検知し車が近づいてくると警報音で知らせてくれる。

 

ボディサイズ

  • 全長/4740mm
  • 全幅/1815mm
  • 全高/1865mm
  • ホイールベース/2880mm

【参考】XPANDERのサイズ
全長/4475mm
全幅/1750mm
全高/1700mm
ホイールベース/2775mm

デリカD5新型 まとめ

三菱デリカD5新型で個人的に注目なのは、やはりPHEV技術だ!
登場するかどうかはまだ定かではないが。
三菱のラインナップの中でアウトランダー以外でミニバンでのPHEVということになると実質の燃費や走行性能などが気になる。

アウトランダーよりも大きさキャビンをもつ車が欲しいと願っているあなたにはピッタリの新型車になるので期待したい!

参照ソース https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-MITSUBISHI
-アウトドア, オフロード, ミニバン, 国産車

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2019 All Rights Reserved.