SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

自動車のタイヤチェーン

カー用品

基本をおさらい!自動車のタイヤチェーンの種類は?最近人気なのは?

更新日:

タイヤチェーンなんて使わないかなと思っていたら、異常気象でいきなり雪が降るということがありますよね。
そんな時に車の走行時の滑り止めという目的では、かつてはスパイクタイヤや、今ではスタッドレスタイヤも普及していますが、いまだにタイヤチェーンが必要とされるシーンは多いです。

 

スポンサーリンク


 

今回は、タイヤチェーンの基本的な種類をおさらいしたいと思います。

 

チェーンの役目とは?

自動車のタイヤに鎖を巻き付けるタイヤチェーンは、どこか原始的な感じがありますが、実は、スタッドレスタイヤよりも雪道や凍結路での走行性能・グリップ性は上です。

スパイクタイヤとは、タイヤに鋲を埋め込んで、それが路面に食い込むことで強力なグリップを生み、滑り止めとして効果を発揮するタイヤのことですが、これで乾いた路面を走ると、アスファルトが削られて粉塵が発生するという問題がありました。

環境や人体への悪影響により、いまではスパイクタイヤは規制されています。

それに代わって登場したのがスタッドレスタイヤで、タイヤの溝に雪を噛ませて滑り止め効果を出すので環境への悪影響はクリアされましたが、滑りやすいアイスバーンのような路面では今一つ効果を発揮しません。

なので、スタッドレスをはいているから、冬の道はすべて大丈夫なんて過信しないでくださいね。

今ではスタッドレスタイヤの性能も向上しており、以前よりは走行性に対する不安は少なくなりましたが、それを踏まえても雪道ではタイヤチェーンの方が安定して効果を発揮します。

特に、タイヤチェーンの金属ピンが路面に食い込んで強いグリップを生むので、豪雪地帯やアイスバーンでの走行では安心です。

 

スポンサーリンク

>>>私が実際にディーラーの下取りよりも車を高く売った体験談はこちら!

 

チェーンの種類

自動車のタイヤチェーンの種類は、金属製の種類と、ゴムや樹脂などの非金属性の種類に分かれます。

金属製のものは、亀の甲羅のような形にチェーンが付いている亀甲型と、チェーンが均等に付いている梯子型があります。梯子型は坂道での走行で威力を発揮しますが、横滑りに弱く、乗り心地も良くないという欠点があります。その欠点を克服したのが亀甲型です。

ゴムや樹脂製の非金属性のタイプは、金属製のチェーンより取り付けが簡単というメリットがあります。乾いた路面を走ってもチェーンが切れにくいですし、乗り心地は金属製のものよりはるかに上です。滑り止め効果も非常に高いです。

ただ、メーカーによってはどうしても、簡単に装着できるとは言い難いものもあります。ゴム製のタイプは低い気温の下では、硬くなり扱いづらくなるというデメリットがあります。

最近主流の非金属タイプのタイヤチェーンは、簡単に取り付けたり、外したりできるレバーやグリップが装備されているものもあるので、装着性が飛躍的にアップしています。

ただ、金属製と比べて値段が高いところがデメリットになります。

 

最近人気のチェーンは?

最近は非金属性のタイヤチェーンが人気です。特に、カーメイトのバイアスロンというチェーンが人気で、取り付けが簡単で滑り止めの効果も高いと評判です。

また、厳密にはタイヤチェーンではないのですが、布チェーンと呼ばれる布製のタイヤカバーも、緊急時には重宝するとして最近では人気があります。

アイスバーンでの安心感はありますが、スタッドレスほどスピードが出せないのがデメリットです。

>>>タイヤチェーンの人気メーカーランキング!

こちらのSUV情報もおすすめ!

スポンサーリンク

-カー用品
-カーグッズ, スタッドレス, チェーン, ランキング, 冬用, 雪道

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2017 All Rights Reserved.