SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

ボリンジャー,B1,EV,SUV

ボリンジャーB1が2019年発売。Gクラスよりも超四角い電気SUV

更新日:

ニューヨーク州ホバートにあるボリンジャーモータースが開発したピュア電気SUV「B1」が2019年に発売が北米で開始される。

2020年には中東も視野に入れて販売を拡大するようだ。

超カクカクなオフロードをメインに想定されて開発されたボリンジャーB1を日本でも走らせたいと思うのは私だけだろうか。

ここまでかっこいいうえに100%電気で4WDというとても男心をくすぐる「ボリンジャーB1」について調べてみた。

Gクラスやジムニー・ディフェンダーよりも四角いSUV

オールアルミニウムでできた超カックカクなボディはラングラーやジムニー・ディフェンダー・Gクラスなど比較にならないほどの無骨さにあふれている。

しかも四角いボディということで軍用車両のようなワイルドさを彷彿させるデザインはまさに秀逸。

日本でもこのぐらい尖りまくったデザインのSUVが出てほしいものだ。

ボリンジャーB1は主にオフロード走行と屋外の現場で活躍する電気SUVとして開発されたクルマになる。

なので航続距離などよりもオフロードでの走行性能や無骨なデザイン・積載能力などをまず第一に考えられたSUVになる。

クロカンに適したオフロード性能

このボリンジャーB1は見せかけだけでなく本当に本当にオフロード性能を突き詰めた性能になっている。

最低地上高はなんと394mm!

ホイールトラベル量(ホイール軸が動ける範囲)は254mmに設定されている。

そしてオフロード走行における大事なスリーアングルは

  • アプローチアングル/52°
  • ブレークオーバーアングル/30°
  • ディパーチャーアングル/43°

となっている。

フロントタイヤからフロントパネルまでの距離が本当に短いことでアプローチアングルはかなりのものとなる。

ちなみにラングラーJLのルビコンではアプローチアングルは44°となっている。

 

ボリンジャーB1のスペック

ボリンジャー,B1,EV,SUV

ボリンジャーの駆動システムはデュアルモーター式のオールホイールドライブ(4WD)になる。

ギアはハイとローを備えており120kWhのバッテリーを搭載している。

ボリンジャー,B1,EV,SUV

ボディサイズ

  • 全長/4356mm
  • 全幅/1960mm
  • 全高/1846mm
  • ホイールベース/3017mm
  • 乗車人数/4人

 

パワートレイン

  • バッテリー/120kWh
  • 最高出力/614hp
  • 最大トルク/905Nm
  • 加速性能/時速約96km到達まで4.5秒
  • 最高速度/160km/h

 

航続距離

200マイル(321km)

 

ピックアップトラックモデル「B2」も存在

ボリンジャー,B2,EV,SUV

このボリンジャーB1にはピックアップモデルの「B2」も存在する。

B2の発売時期に関しては2019年初頭にプロトタイプが登場した後になる予定。

ボリンジャー,B2,EV,SUV

 

ボリンジャーB2 ピックアップのスペック

ボリンジャーB2は現場でも活躍できるように荷台スペースからフロントまでの車内スルー機能を備えることにより木材などの長尺物を乗せることができるようになっている。

 

ボディサイズ

  • 全長/5270mm
  • 全幅/1960mm
  • 全高/1846mm
  • ホイールベース/3530mm
  • 乗車人数/4人
  • アプローチアングル/52°
  • ブレークオーバーアングル/25°
  • ディパーチャーアングル/28°

 

パワートレイン

  • バッテリー/120kWh
  • 最高出力/614hp
  • 最大トルク/905Nm
  • 加速性能/時速約96km到達まで4.5秒
  • 最高速度/160km/h

 

航続距離

200マイル(321km)

 

安全装備は?

残念ながらボリンジャーB1とB2の安全装備は他の自動車メーカーと同じような先進安全装備は搭載されていない。

それとエアバッグにおいてもこれから設計を進めていくようだ。

 

日本での発売はある?

ボリンジャー,B1,EV,SUV

ボリンジャーB1とB2は現在、アメリカ・欧州・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドをメインに販売が進められている。

なので日本での発売は希望薄だろう。

 

ボリンジャーB1 まとめ

ボリンジャー,B1,EV,SUV

以上、ボリンジャーB1についての情報をご紹介した。

電気自動車だけに設計の自由度が格段にあがり魅力的な車がこれからどんどんと出てきそうだ。

ただ実用的なことを考えれば安全装備もしっかりと搭載されていれば更に売れそうな電気SUVだ。

A VISIT TO MOAB - Bollinger Motors

 

RIDE HEIGHT ADJUSTABLE - Bollinger Motors

 

CRAWL - Bollinger Motors

ソース https://www.bollingermotors.com/

いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-CarNews
-4WD, EV, SUV, かっこいい, アウトドア, アメ車, オフロード, クロカン, ピックアップ, 四駆, 新型, 電気自動車

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2019 All Rights Reserved.