SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

iNEXT,BMW,EV

BMW新型EVのSUV「iNEXT」は2021年に発売か?性能をチェック

投稿日:

BMWから次世代のクロスオーバーモデルになる「iNEXT」が登場する。

発売時期は2021年に予定されていて、アウディのe-tronやジャガーのi-paceのライバル的な存在になると考えられている。

新型iNEXTの注目すべきスペックをチェックしてみたので見ていこう。

次世代のBMWのSUV「iNEXT」

フル電気自動車としてはBMWから「iシリーズ」が登場する予定になっている。

iNEXTは名称に数字が入っていないのでどんな車種になるのか名前だけでは想像がつかないがX3ほどのサイズのクロスオーバーモデルになるようだ。

見た目も重心が低いながらも車高を確保したスポーティーな走りができそうなクロスオーバーになっている。

BMW iX3とは違う電気クロスオーバーiNEXT

BMWにはiNEXTの前にX3の電気自動車モデルである「iX3」を登場させる予定。

その同じSUVであるiX3とiNEXTの見た目の違いとしてはiNEXTはiX3よりも全高が少し低く、ジャガーのiペースのようなポジションのクロスオーバーモデルになる。

iX3よりもスタイリッシュなフォルムになる外観でさらにBMWのブランドアイデンティティーがしっかりと受け継がれたおしゃれなクロスオーバーSUVになりそうだ。

iX3よりもポジション的にプレミアムなモデルにもなるだろう。

 

iNEXTの航続距離

iNEXT,BMW,EV

このiNEXTの驚くべきスペックは航続距離で、その走行可能距離の目標は600kmと言われている。

ライバルとなるジャガーiペースでも438kmなので、実現すればかなりのアドバンテージをつける航続距離になる。

課題になってくるのは600kmも走れる電気自動車ということで大容量バッテリーを採用するので、満充電までかなりのチャージ時間が必要になってくるだろう。

急速充電時間がだいたい30分のところが多いが15分ほどでどれだけ容量を多く充電できるインフラが整うかもポイントになってくる。

そして加速は4秒未満で100km/hに達する予定で開発が進められている。

 

装備・システム

さらに航続距離だけでなく自動運転技術としてiNEXTはレベル4もしくは5のシステムを搭載して2021年には登場するということである。

レベル4であれば高速道路等の特定された場所ですべてをAIが運転を行ってくれるレベルである。
そしてレベル5の自動運転となったら、ほぼすべての場所で自動運転が可能になり、自動運転というイメージどおりの完全自動運転ということになる。

BMWもiNEXTに関する情報を発表するなかで「顧客の安全を第一に考えている。」ということを言っている。

ボルボだけでなくドイツのバイエルン3大メーカーも次世代は安全技術に対してさらに本気で開発をしているようだ。

 

まとめ

iNEXT,BMW,EV

BMWではこの記事を書いている段階ではセダンモデルの「i4」以外にSUVモデルの「iX3」、クロスオーバーモデルの「iNEXT」を2021年までに発売させようとしている。

航続距離が600kmで自動運転システムがレベル4〜5という本当に次世代のクロスオーバーになるということで今からワクワクしてしまう。

ソース https://www.bmwblog.com

いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-BMW
-4WD, EV, SUV, おしゃれ, おすすめ, かっこいい, アウトドア, オフロード, クロスオーバー, プレミアムカー, 四駆, 電気自動車

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2019 All Rights Reserved.