SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

メルセデス,ベンツ,GLA

2019年にベンツGLA新型を発売?次期型はクーペも登場でサイズアップ?

更新日:

メルセデス・ベンツGLAの新型モデル発売は2019年になるらしい。
初代モデルはコンパクトクロスオーバーというスタイリングだったが、次期GLAはボディサイズが大きくなるという。

サイズアップについてだが先代モデルと比べるとはるかに大きくなるらしく、室内も広々となり、全高も高くなる事でより快適なキャビンになりそうだ。

新型GLAはボディが大きくなるのと同時に大幅にフェイスリフトをするようになる。
少しイカツくシャープなヘッドランプのラインになるみたいだ。
大幅改良に期待が膨らむ、2019年に発売が噂されているベンツGLA新型モデルについて情報をまとめてみた。

2019年に発売する予定の次期ベンツGLAは先代とは別物?

新型モデルは大幅にサイズアップになる他、デザインも初代とは異なるようだ。

まだ噂の段階だが、GLEクーペやGLCクーペをベースにクーペバージョンも開発という話しがある。
コンパクトSUVにもクーペモデルを採用することでアウディ・BMWに対抗する狙いだろうか。

もしGLAでクーペSUVバージョンが発売されるのであれば、人気がかなり出そうだ。
GLEクーペの価格はかなり高い、そしてまだ発売されていないGLCクーペもリーズナブルとは言えない価格になるだろう。

サイズが大きくなると言われているが、GLEやGLCに比べてボディサイズが小さいであろう新型GLAは値段もリーズナブルで運転しやすいSUVということになる。
その上、フェイスリフトでかなりファッショナブルな印象になった。

このスタイリングであれば、今よりもさらに男性ファンが増え、GLAを欲しいと思うのではないだろうか。
スパイショットされた画像をみるとフロントグリルのデザインもラインナップによって変わるのかもしれない。

新型GLAのスペックはどうなる?

外車,SUV,ランキング,人気,GLA

今のところ、エンジンなどの定かな情報は入っていないが、AMG仕様では最高出力408馬力のエンジンを搭載すると言われている。

この超パワフルなAMG仕様以外にもPHV(プラグインハイブリッド)モデルと中国市場向けにEV(電気自動車)を開発中らしい。
EVモデルでは航続距離を1回の充電で400kmを目標としているということで、テスラやBMW、アウディ、VWのコンパクトEVがライバルになってくるだろう。

積まれるミッションは9速ダブルクラッチトランスミッションになるという。
FFベース設計で、リアサスやダンパー制御も再設計されるようだ。新世代SUVだけにタッチスクリーンで操作する装備も増え、デジタル化も進むようだ。

 

BENZ GLA 2019年モデルのまとめ

東京モーターショー2017 メルセデス ベンツ GLA

次期GLAはSUVとクロスオーバーの中間に位置するような感じにとれる。
ボディサイズが大きくなることで全高がどこまで大きくなるのか、マンション住まいでGLAが好きという方は気になるところだろう。

立体駐車場に入らないほど全高が高くなるようでは駐車するところも限られてくるだろう。
狭い日本ならではの問題とも言える。

それにしてもこれからはクーペモデルがまだまだ出てきそうな予感で、次はどのモデルがクーペ化になるのかも楽しみなところだ。

画像出典元 https://www.caricos.com/cars/m/mercedes-benz/2018_mercedes-benz_gla/images/42.html

いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-BENZ
-おしゃれ, おすすめ, かっこいい, クロスオーバー, クロスオーバーSUV, クーペSUV, コンパクト, コンパクトカー, 人気, 新型

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2019 All Rights Reserved.