SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

メルセデス,ベンツ,Gクラス,外車,クロカン,SUV

憧れのベンツGクラス | 中古車の年間維持費・購入時・買った後の注意点

更新日:

スポンサーリンク

 

憧れの高級SUV「メルセデスベンツGクラス(ゲレンデヴァーゲン)」
新車だとべらぼうに高くて、なかなか手が出せないというのが正直な気持ち。
中古車のGクラスが狙い目だということを知ってほしい。

中古車と言っても1・2年前あたりのモデルでも新車に近いぐらいのお値段がしてしまう。
まぁ、それだけ質も良いともとれるが。

それに輸入車の高級4WDなくせに、四角いボディは運転の見切りもよく、意外とコンパクトなボディが街中でも取り回しがいいのが売れる理由でもある。

中古車でも外観デザインはそんなに変わってはいない(素人目には)ので、とにかく乗っているだけで、ベンツのネームバリューを堪能することができるだろう。
中古車のベンツGクラスを買う上で注意したい点購入後のメンテナンスなどの情報をまとめてみた。

ベンツGクラスの中古車を買う時の注意点は?

Gクラスを買う上で、やはり決め手となるのはメンテナンスがきちんとされているかどうか?
そしてアフターフォローもしっかりとこなしてくれる販売店であるかどうか?
当たり前といったら当たり前だが、やっぱりこれに尽きるだろう。

Gクラスはもともと、NATO軍に納めるために開発されてきた4WD車。
一般市民用にモデル改良をされても、オフロードでの悪路走破性を一番に考えて作られ続けてきた車だ。

初期のGクラスは、50年以上持つように作られてきた。
それゆえに快適装備にお金をかけて開発した車ではなく、どれだけボディが頑丈にできるかを考えて設計されている。
今で言う高級車のイメージとは違い、ツールとして使われてた感が強い。

スポンサーリンク

購入時に確認しておきたい点

年代によってよく壊れる場所が違うのでそこをチェック!!

  • 1998〜2000年…故障が少ない
  • 2001〜2002年…窓が落ちる、パワーシートの漏電、燃料ポンプの不具合
  • サンルーフからの異音、ゴムチューブが外れていないか?
  • パワーウィンドウのレギュレーター(ドア内部にあるモーターを回転させ、ワイヤーを巻取りながらレール上のガラスを上げたり下げたりする装置)が弱い。(交換費用は約6万円ほど)
  • 初代のゲレンデはステアリングが重いので試乗して体感しておく。
  • バックモニターが付いているか?(後方視界が悪いため)
  • ATFの漏れ
  • 各パーツがメンテナンス歴を販売店が見せてくれるか?
  • 維持費がかなりかかるケースがある(運が悪ければ年間100万円ということも!!)
  • 足回りの定期的なメンテナンスはされていたか?(車重が重いため、へたりやすい)

 

購入後に気をつけたいこと

  • 消耗品の交換費用が高いので覚悟が必要!
  • ベンツ専門店を探して整備をしてもらう!専門店が近くにないのならディーラーでの整備を受ける。整備費用は高いが整備技術が抜群!長く乗りたいのあれば整備が重要となってくる。
  • パーツの耐用年数が低い。(国産で5年持つパーツがベンツGクラスだと3年ぐらいということも)
  • 整備費用が安いからといって、一般車検の店はオススメできない。(電装系の整備が難しい)
  • パワーウィンドウ、サンルーフ、パワーシートなどを必要なとき以外に触らない。本当にすぐ壊れることが多い。

 

Gクラスの年間維持費は?

Gクラスの年間維持費は、ざっくり言うと普段乗りに使っていて燃料代・エンジンオイル代・定期点検・保険代・車検がある場合で年間約70〜100万円ほどはかかるようだ。(※駐車場代や燃料代を除く)

  • 税金/88,000円
  • オイル交換/約20,000〜35,000円(年式や任せる店舗による)
  • ヤナセでの車検の場合/約250,000〜500,000円
  • 専門店で車検の場合/約150,000〜250,000円※店舗による
  • 保険代/約140,000円〜300,000円※契約内容や等級により変化

上記以外にもタイヤ交換や定期点検代、ちょっとパーツが欠けただけでも3万円〜6万円ほどかかるようだ。

グレードにもよるが実燃費が3km〜6kmなので、普段使いにすればするほど燃料代がかかることを覚悟しておいたほうがいいだろう。

 

買うのは正規ディーラー認定中古車か一般販売店か?

メルセデス,ベンツ,Gクラス

ベンツGクラスを買う時に悩むのが正規ディーラーか一般の中古車販売店かということ。
これはベンツに限らず輸入車を買う際には一度は考えることだろう。

正規ディーラーでの購入

まず正規ディーラーで購入するメリットは、やはり認定中古車だけあってしっかりと整備が施されている事と車の状態が良いものを販売していること。
そして保証が付くので購入後に故障しても保証期間なら無償で整備してくれるということ。デメリットはやはり旧式でも価格が高価になりがちということ。

一般販売店での購入

正規ディーラーの基準では販売することのできない状態のGクラスが置かれていることがよくあるだ。

メンテナンスがちゃんと行われていたか確認することやパーツをどのように整備したかなどを親切に教えてくれるとこ、保証がきっちりと付いているとこなどを選ぼう。

メリットは価格が安いというとこ。

それでも、状態がよくて価格が正規ディーラーよりもお得に購入したいのであればベンツ専門店で買う事をオススメ!!

ベンツ専門店であれば、整備状態が悪い車体もパーツをきっちりと交換し、新車までとはいかなくてもキビキビと走れるほどに仕上げてくれている。

保証付きでしかも状態の良いベンツGクラスを購入したのであればベンツ専門店で中古車を探すほうが後々に後悔しなくてすむだろう。

 

BENZ Gクラス 年間維持費・選び方・注意点 まとめ

メルセデス,ベンツ,Gクラス

ベンツGクラスを購入する際は他の4WD、外車とは違うということを覚悟して買うことを決める必要がある。

消耗品や整備費用がかかるほか、古いGクラス特有の窓が落ちるなどの不具合が起こる可能性があることを知っておくことで対処しやすくなる。

購入店でメンテナンスについて入念に聞いておく事も忘れないようにして、その際に丁寧に教えてくれる店であれば信頼して任せることができるだろう。

結論を言うと、ベンツGクラスは「燃費」「維持費」を気にして乗る車ではない最高のステータスカーである。

そして、リセールバリューは抜群にイイということだ!!

全米で高年収の人に人気の外車&国産SUVランキング! 金持ちが乗る車は?

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-BENZ

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2018 All Rights Reserved.