SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

新型ベンツEV EQC

BENZ

電気自動車ベンツEQCは2019年発売?航続距離500kmの次世代SUV!

更新日:

メルセデス・ベンツが送り出す次世代SUVの登場は2019年になりそうだ!
パリモーターショーで発表されたGLCがベースと言われている電気自動車EQC」は完全に電気で動くSUVだ。

 

スポンサーリンク


 

電気自動車になることで燃費性能・環境への影響が向上することになるわけだ。
昔の大排気量エンジンをブイブイ吹かせて走るというドライブは、近い将来無くなりそうだ。

テスラをライバルとして、開発を進められているベンツEQCは1回の充電で航続距離が500kmと噂されている。
燃費が悪いSUVだけにこれだけ飛躍的に燃費が伸びれば乗る側としても、ガソリンスタンドでため息をつきながら給油するという悲しい思いはしなくてすみそうだ。

2019年発売が噂されているメルセデス・ベンツEQCのスペック・予想価格についてまとめてみた。

 

電気SUV ベンツEQCはGLCベース

新型ベンツEV EQC

EQCはGLCのPHVモデルをベースにして設計されるようだ。ベースがあると言われているが、ほぼ新設計に近い新型車になるだろう。
次世代SUVだけあって、外観も今までのSUVのようなイメージではなく、未来的なデザインのコンセプトになっている。

駆動がガソリンエンジンから合計4つの電気モーターになることでキャビンのスペースが広がり、フラットになる。
それにより上質でかつ機能的・エレガントなベンツデザインの車内がワンランク上の快適性を手に入れることになる。

そして、次世代の日本車でも話が上がっているサイドミラーからサイドカメラへのシフトがされるようだ。

アウディのE-トロンと同じように車内の操作系はスマホやタブレットのような感覚で使えるようになる。
エレガントな空間に洗練されたインテリジェンスな機能が追加されることでカーライフの質もこれまで以上に上がることになる。

 

スポンサーリンク


 

新型ベンツEV EQC

 

気になるベンツEQCのスペック

パリモーターショーで発表されたEQCのスペックは407馬力・最大トルク700N・mになっていた。
これが市販モデルでも活かされるとワクワクしていたが、市販モデルでは約350馬力ほどの少し落ち着いたスペックになる。

リーフの電気自動車モデルでガソリン2リッタークラスと同じ走りを感じることができても254N・mだ。
EQCの最大トルク700N・mともなれば、どれだけパワフルかおわかりいただけるだろうか。

最高速度が225km/hと言われおり、100km/h加速を5秒未満で走ることが期待されている。

 

EQCの販売予想価格とまとめ

欧州でのベンツEQCの発売予想価格はリチウムイオンバッテリーのランクにより6万〜8万ユーロになると言われている。
単純に2016年12月時点の日本円に換算すると約730万円〜約970万円になる。

現在のGLCのPHVモデルの価格は863万円だ。

時代の主流が電気自動車になれば価格が落ち着いてくるだろうが、ベンツ初の電気SUVの価格は1000万円近くになるだろう。

画像出典 http://www.autobild.de/artikel/mercedes-eq-eqc-2019-vorstellung-10241905.html

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-BENZ
-EV, ベンツ, 新型, 航続距離, 電気自動車

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2017 All Rights Reserved.