SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

新型ベンツCクラス オールテレーン

BENZ

BENZ Cクラスワゴンに新型クロスオーバーオールテレーンが2018年発売?

更新日:

ベンツのSUVのラインナップがこれからどんどん広がっていきそうだ。
発売が待たれるEクラスワゴンのクロスオーバーモデルのEクラス オールテレーンに引き続き、Cクラスワゴンにもクロスオーバー仕様のCクラス オールテレーンが2018年にも発売されるそうだ。

 

スポンサーリンク


 

日本の道路事情では、EクラスのワゴンベースよりもCクラスベースのほうが扱いが楽なだけに発売されれば、人気がでそうだ。ワゴンよりも少し腰高でアウトドアなムードが漂うオールテレーンはキャンプ場だけでなくゴルフ場に行く愛車としても、とても似合うだろう。

流れるボディのフォルムがキレイなメルセデス・ベンツCクラス オールテレーンのスペックなどをピックアップしたのでご紹介したい。

 

新型BENZ Cクラス オールテレーンの特徴

新型ベンツCクラス オールテレーン

そもそもこのオールテレーンシリーズはEクラス エステートのバリエーションですでにドイツでは発売されているグレードだ。

エアサスペンションにより、3段階のレベルで車高の調整ができる。
最大に車高を上げた場合、20mmほどノーマルの車高よりも高くすることができる。

フロントマスクの下にはアンダーガードが装着され見た目的にもアクティブで堅牢なイメージを彷彿とさせる。
グレードとしてはノーマルよりも上位でAMG仕様の下に位置するのがオールテレーンモデルだ。

外観は悪路を走れそうな少しワイルドな風貌になりながらも、なかみはしっかりとワゴンと同じく上質な雰囲気が味わえ、ベンツの磨き抜かれたセンスが散りばめられている。

 

スポンサーリンク


 

エンジンスペック

気になるCクラス オールテレーンに搭載されるであろうエンジンラインナップだが、本国ではEクラス オールテレーンはE220D 最高出力194psの2リッター ディーゼル

燃費は23.8km/L〜21.7km/Lになっている。おそらくCクラス オールテレーンにはE200D 最高出力150psの2リッターディーゼルエンジンが濃厚のようだ。
燃費的にはE220Dとあまり変わらないようだ。

 

ライバル車は?

Cクラス オールテレーンのライバルとして考えられるのが、まずアウディのA4オールロードクワトロだろう。
そしてボルボV60クロスカントリー、国産車からはスバルのアウトバックだろう。

もし、あなたが内装的にラグジュアリーな演出を好むであれば、やはりCクラス オールテレーンがいいのではないだろうか。
安全装備の点ではボルボとベンツは車業界の中では先進的なシステムを導入しているので、悩んでしまうかもしれない。

画像出典 http://www.driversmagazine.com/

 

ベンツCクラス オールテレーンの発売時期とまとめ

新型ベンツCクラス オールテレーン

まだEクラス オールテレーンが日本では未発売なので、それよりも後に日本導入となるだろう。
だとすれば、日本発売2018年の中旬〜後半ぐらいになりそうだ。

その時には、日本仕様にエンジンラインナップにGLCに積んでいる2リッターのガソリンエンジンも検討されるかもしれない。
Cクラスワゴンでは自分にすこしおとなしく感じると思うのであればオールテレーンはかなり心惹かれるモデルになるではないだろうか。

スポンサーリンク


いつも最後まで閲覧・シェア頂きありがとうございます!

-BENZ
-BNEZ, アウトドア, クロスオーバー, クロスオーバーSUV, ステーションワゴン, ドイツ車, ベンツ, ワゴン, 高級車

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2017 All Rights Reserved.