SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4

外車(輸入車)・国産車のSUV・4WD・クロスオーバーの新型や次期モデルチェンジの最新情報を発信!

新型アウディ Q6

AUDI

1回フル充電で500km走る?アウディ新型Q6は初EV仕様SUV!発売時期は?

更新日:

AUDI(アウディ)から発売が決まった新型SUV Q6。
アウディ初の電気自動車SUVとなるQ6は近未来カーのベースとなりそうな装備が満載。
電気自動車といえばテスラだが、テスラの新型モデルXと真っ正面から競い合う存在のSUVになるだろう。

 

スポンサーリンク


 

次世代カーのスペックとして驚かされるのが1回のフル充電で500kmを上回るという航続距離の長さ。
これはテスラモデルSの航続距離と同じぐらいの能力があるとみてよさそうだ。
アウディが本格的に電気自動車SUVのカテゴリーに参入していくうえで、確実にライバルとなるのがテスラだ。

AUDI Q6の発売によってEV(電気自動車)SUVの市場も一気に勢いが増してくるだろう。
アウディに続けとばかりにメルセデスベンツ・BMWや他のメーカーでもSUVのEV化をどんどん増やしていくことが予想される。

AUDI Q6のスペックや発売時期をまとめてみた。

アウディQ6の航続距離がSUVとしては魅力的すぎる!

新型アウディ Q6

AUDI Q6の最大の魅力とも言っていい航続距離。なんとっ!!
1回フル充電すると500kmも走り続けられるという。
まだ開発段階らしいが発売時期がおおよそ決定していることから開発がうまく進んでいると思われる。

バッテリー容量が95kWhもあり、日産のリーフのバッテリー容量である約30kWhの3倍ほどある。
リーフの1回フル充電での航続距離が280kmなので、それだけ大容量となればQ6の航続距離が500kmを超えるということが納得できる。
充電方法として採用されるのがワイヤレス充電!!
そんなことできるのかと思ってしまうが、システムを説明しよう。

例えば、Q6を駐車場に停めると、自動で充電が始まる。そしてフル充電になると自動で充電が終わるというシステム。
しかもスマホからワイヤレス充電のコントロールができるということで、正に近未来カーと言っていいだろう。
プラグを差し込むという煩わしい作業が一つ無くなる。
ただ気になるのはワイヤレス充電のEV車の普及に対し、インフラが整備されるかどうかだろう。

都市部でのインフラ設備を整えるのは、早くに取りかかるだろうが地方だとどうしても遅れや設備の可否が難しいとこがあるだろう。
アウディQ6の充電システムとして、もう一つ搭載されるのがルーフに装備される予定のソーラーパネル。
これで太陽光発電をして効率よく充電できるというわけだ。

天気の条件が良いと理論的には1000kmの長航続もできるという。そこまでいくとガソリン代がバカバカしく思えてくる。

これだけでも、アウディQ6が発売されれば今SUVを所有してオーナーからしてみれば、とても魅力的な外車SUVになるだろう。

 

スポンサーリンク

>>>私が実際にディーラーの下取りよりも車を高く売った体験談はこちら!

 

アウディQ6のスペックは?

新型アウディ Q6

Q6の最大の魅力は航続距離だというのは間違いないが、もちろんパワーも凄い事になっている。
最高出力で503ps、トルクは81.6kg-mになるという。

このパワーでたたき出す0-100kmのタイムは4.6秒!!最高スピードは211km/hだという。
もはや、SUVというよりはスポーツカー並なパワーである。
しかもクアトロドライブ(4WDシステム)が搭載される。

 

アウディQ6の発売時期は?

新型アウディ Q6

Q6の発売時期は現在のところ2019年度もでるとして2018年に量産にはいる予定です。
となると日本発売は少し先の2020年ぐらいになりそうだ。

 

AUDI Q6のまとめ

新型アウディ Q6

本当に次世代のSUVとして期待が大きくなっているアウディQ6。
日本でもアウディに続いて、どんどんとEV車のSUVを開発していってほしいものだ。

画像出典元 http://www.carscoops.com/  autocar.co.uk

新型アウディ Q6

Audi Q6 e-tron (IAA 2015) - Sitzprobe und Interview mit Marc Lichte
Audi enthüllt die Q6-Studie e-tron quattro concept. Das rein elektrisch angetriebene Sport-SUV besitzt eine Lithium-Ionen-Batterie mit 95 kWh. Ein kompletter Ladevorgang dauert laut Audi rund 50 Minuten (an einer 150 kW starken Gleichstrom-Ladesäule). Zudem können die Stromspeicher der Studie auch kontaktlos per Induktion aufgefüllt werden. Im Dach sind darüberhinaus Solarzellen verbaut, die zusätzlichen Strom für die Antriebsbatterie bereitstellen.

Audi Q6 e-tron (IAA 2015) - Sitzprobe und Interview mit Marc Lichte

新型 アウディ AUDI Q6 新型 アウディ AUDI Q6

こちらのSUV情報もおすすめ!

スポンサーリンク

-AUDI

error: Content is protected !!

Copyright© SUVの輸入車・外車情報マガジン MAG4 , 2017 All Rights Reserved.